古川雄大、大野拓朗、生田絵梨花、木下晴香らが一部シーンを披露 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 1 左から木下晴香、大野拓朗、古川雄大、生田絵梨花

▲ 左から木下晴香、大野拓朗、古川雄大、生田絵梨花

ギャラリーで見る(全17枚)


『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 4 木下晴香(奥)と古川雄大

▲ 木下晴香(奥)と古川雄大

画像を拡大

『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 11 大野拓朗(左)と生田絵梨花

▲ 大野拓朗(左)と生田絵梨花

画像を拡大

このほかの写真も見る

小池修一郎の潤色・演出で1月より上演されるミュージカル『ロミオ&ジュリエット』。本作の開幕に先立って、一部シーンの公開稽古と囲み会見が都内の稽古場で行われた。

ジェラール・プレスギュルヴィックが手掛けた本作の日本版は、2011年に初演。13年の再演から4年ぶりの上演となる今回は、ロミオ役に前回から続投となる古川雄大とミュージカル初主演の大野拓朗、ジュリエット役には「乃木坂46」の生田絵梨花とTV番組「全日本歌唱選手権 歌唱王2015」で注目を集めた新人・木下晴香が挑む。

公開稽古では、古川&木下は美しいハーモニーを響かせる“いつか”、大野&生田は名シーンを描く“バルコニー”、古川、馬場徹(ベンヴォーリオ役)、平間壮一(マーキューシオ役)らはアンサンブルとエネルギッシュに歌い踊る“世界の王”を披露した。

稽古を終えて、古川は「新演出でキャストやセット・衣裳も変わり、新しい『ロミジュリ』が生まれようとしています。今、一丸となって稽古していて、良いものをつくろうと一つの思いでやっています」とメッセージを送った。

アイドルグループ「乃木坂46」の中心メンバーとしても活躍する生田には、劇中のラブシーンなど“恋愛模様”についても質問が。生田は「私自身はこの作品ではアイドルとして参加するわけではないので」と返答。「心配されるファンの方もいるかもしれないけど、直接私にかけてくださるのは、応援だったり気遣いの言葉なので、それを信頼してその分だけ何か返していきたい」と力強く語った。

そのほか、囲み会見での主なコメントは以下の通り。

■古川雄大
作品が出来上がっていく段階がとても楽しくて、いろいろなことを試して、いろいろなものを削って、いろいろなものを選んでいる作業をしてける、この稽古場にいられて幸せです。周りも実力派ぞろいなので、刺激をいただいて、すごく良いものに仕上がってるなと感じています。前回はいっぱいいっぱいでしたので、あれからいろいろな作品に出させてもらって、時間を経て、この役ができるのはうれしいことです。大好きな作品なのでやる気に満ちています。小池先生とは、何度かご一緒させていただいてますが、毎回、力を入れて演出してくださってる中、今回は特に力が入ってるんじゃないかという印象です。いろいろ勉強させてもらっています。

■大野拓朗
初演の時は、自分でチケットを買って何度も観て、一番回数を観た作品でした。CDも買って、毎日毎日、聞いて一緒に歌うのが日々の楽しみだったんです。それがこうして舞台で自分がロミオとして歌えるのはものすごく光栄で幸せなことです。演出が大幅に変わって、今回でさらに進化するんだろうなと感じています。でも、キャストやダンサーたちの熱量は変わらないので、作品のいちファンとして届けられるのがすごく楽しみです。観に来てくださった方の一生の思い出に残るような舞台にするという目標を持ってやっています。小池先生の美的感覚がミュージカル・ファンとしてすごく好きなんです。身体の開き方一つから、すべてが美しく見えるように細かく演出を詰めているので、それが全部重なった時の舞台上の美しさを僕自身も楽しみにしてます。

■生田絵梨花
今回は、衣裳や演出が現代版になってるので、自分の中のジュリエットのイメージをまとめてしまわないで、いろいろなことを試して、今の私たちにしか出せないエネルギーを出せたら。ジュリエットは、再演版を観てからずっとやりたいと思っていので、今、自分が演じられてとても幸せです。ジュリエットははかなさや切なさだけでなく、やればやるほど強さを出さないといけないと感じるようになってきました。ジュリエットの葛藤を考えて強く演じたいです。小池先生には、自分が直さないといけないと思っていたところを、的確に指導いただいてますし、毎日お話していると新しい発見ばかりです。演出の情報量が多いけど必死についていって身に付けたいと思います。

■木下晴香
楽しみと不安が混ざった状態で稽古が始まりましたが、先輩方や小池先生にたくさん指導していただきながら、自分の課題と戦ってる毎日です。公演が始まっても千秋楽まで、毎日毎日、確実に前進できるように精いっぱい頑張ります。ジュリエットと自分の同じ部分や違う部分を、毎日研究していますが、すごく難しくて、生田さんと相談しながらつくり上げています。強い意志を持っている子なので、その部分をはっきり意識して演じられるようにしたいです。

この記事の写真

  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 1 左から木下晴香、大野拓朗、古川雄大、生田絵梨花
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 2 古川雄大
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 3 木下晴香
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 4 木下晴香(奥)と古川雄大
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 5 木下晴香
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 6 生田絵梨花
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 7 生田絵梨花
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 8
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 9 大野拓朗
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 10 生田絵梨花(左)と大野拓朗
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 11 大野拓朗(左)と生田絵梨花
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 12 馬場徹
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 13 平間壮一
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 14
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 15
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 16 左から、馬場徹、古川雄大、平間壮一
  • 『ロミオ&ジュリエット』公開稽古 17

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8941