一般公募オーディションによる新キャストが参戦 舞台版『弱虫ペダル』シリーズが「新インターハイ篇」に突入 - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『弱虫ペダル 新インターハイ篇〜スタートライン』上段左から、醍醐虎汰朗(小野田坂道)、和田雅成(今泉俊輔)、百瀬朔(鳴子章吉)、下段左から、江口祐貴(鏑木一差)、田川大樹(古賀公貴)

▲ 上段左から、醍醐虎汰朗(小野田坂道)、和田雅成(今泉俊輔)、百瀬朔(鳴子章吉)、下段左から、江口祐貴(鏑木一差)、田川大樹(古賀公貴)

ギャラリーで見る(全7枚)


『弱虫ペダル 新インターハイ篇〜スタートライン』キービジュアル

▲ キャプション

画像を拡大

このほかの写真も見る

渡辺航の人気漫画を舞台化した『弱虫ペダル』のシリーズ最新作「新インターハイ篇〜スタートライン〜」が3月に上演される。

サイクルロードレースに情熱を注ぐ高校生たちの熱い戦いを描いた本作。西田シャトナーによる独自の演出と若手俳優たちの熱演で好評を博し、2012年の初演からシリーズ上演が重ねられてきた。今年からは、3月の「総北新世代、始動」、9月の「箱根学園新世代、始動」を通し、新キャラクター・新キャストが多数参加して、タイトル通り“新世代”の活躍が激戦を彩った。

さらに今回は、キャスティングの可能性を広げることを目的として、シリーズ初となるメインキャストの一般公募を実施。プロ・アマを問わずの参加者の中から、西田をはじめとするスタッフ主導のもと、厳選なるオーディションによって選出されたキャストたちが集められた。

物語はいよいよ、決戦の合宿を越えてインターハイに向かう。小野田坂道役の醍醐虎汰朗、今泉俊輔役の和田雅成など、多くの新キャストたちの躍動に期待しよう。

この記事の写真

  • 『弱虫ペダル 新インターハイ篇〜スタートライン』上段左から、醍醐虎汰朗(小野田坂道)、和田雅成(今泉俊輔)、百瀬朔(鳴子章吉)、下段左から、江口祐貴(鏑木一差)、田川大樹(古賀公貴)
  • 『弱虫ペダル 新インターハイ篇〜スタートライン』キービジュアル
  • 『弱虫ペダル 新インターハイ篇〜スタートライン』醍醐虎汰朗
  • 『弱虫ペダル 新インターハイ篇〜スタートライン』和田雅成
  • 『弱虫ペダル 新インターハイ篇〜スタートライン』百瀬朔
  • 『弱虫ペダル 新インターハイ篇〜スタートライン』江口祐貴
  • 『弱虫ペダル 新インターハイ篇〜スタートライン』田川大樹

 

インフォメーション

舞台『弱虫ペダル』​新インターハイ篇〜スタートライン〜

【スタッフ】原作=渡辺航「弱虫ペダル」(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載) 演出・脚本=西田シャトナー 音楽=manzo
【キャスト】[総北高校]醍醐虎汰朗(小野田坂道)/和田雅成(今泉俊輔)/百瀬朔(鳴子章吉)/鯨井康介(手嶋純太)/八島諒(青八木一)/江口祐貴(鏑木一差)/田川大樹(古賀公貴)/植田慎一郎(段竹竜包)
[箱根学園]河原田巧也(泉田塔一郎)/東啓介(葦木場拓)/秋元龍太朗(黒田雪成)/谷水力(真波山岳)/兼崎健太郎(銅橋正清)/飯山裕太(新開悠人)
[京都伏見高校]林野健志(御堂筋翔)/天羽尚吾(岸神小鞠) ほか

■大阪公演
2017年2月25日(土)・26日(日)
・会場=オリックス劇場

■東京公演
2017年3月4日(土)〜12日(日)
・会場=TOKYO DOME CITY HALL

各公演とも
・一般前売=1月28日(土)開始
・料金=全席指定 プレミアムチケット(パンフレット付)9,800円/一般指定席・サイド指定席6,800円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8953