味方良介、文音、多和田秀弥、黒羽麻璃央出演『熱海殺人事件 NEW GENERATION』が上演 - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『熱海殺人事件 NEW GENERATION』ビジュアル

若手たちをキャストに迎える『熱海殺人事件 NEW GENERATION』が、2・3月に紀伊國屋ホールで上演される。

つかこうへいが、1973年に文学座に書き下し、同劇場で上演が重ねられてきた『熱海殺人事件』。今回は「NEW GENERETION」の名の通りフレッシュな若手たちがメンバーに集結する。

木村伝兵衛部長刑事には、『新・幕末純情伝』で桂小五郎を演じた味方良介が、馬場徹に並び史上最年少24歳で同役に挑むほか、対する犯人・大山金太郎には黒羽麻璃央、水野朋子婦人警官には、1986年の映画版でヒロインを演じた志穂美悦子の娘・文音、田舎の刑事・熊田留吉には多和田秀弥を迎え、まったく新しい『熱海殺人事件』をつくり上げる。

インフォメーション

『熱海殺人事件』NEW GENERATION

【スタッフ】作=つかこうへい 演出=岡村俊一
【キャスト】味方良介/文音/多和田秀弥/黒羽麻璃央

2017年2月18日(土)〜3月6日(月)
・会場=・会場=紀伊國屋ホール
・一般前売=1月21日(土)開始
・料金=全席指定6,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8956