新青学チーム始動 『テニミュ』3rd シーズン「青学vs六角」が開幕 - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『テニスの王子様 3rd 青学vs六角』開幕 9 左から、宇野結也、阿久津仁愛、矢代卓也、二葉要

▲ 左から、宇野結也、阿久津仁愛、矢代卓也、二葉要

画像を拡大

このほかの写真も見る

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンの最新作「青学(せいがく)vs六角」が、22日にTOKYO DOME CITY HALLにて開幕した。

2014年11月に始動し、これまでに4つの本公演、各校ごとの魅力を見せる「TEAM Live」、「コンサート Dream Live」を成功させてきた『テニミュ』3rdシーズン。本公演からはいよいよ、前作「青学vs氷帝」で卒業した8代目青学からバトンを引き継いだ新青学12名が舞台に立つ。対する、六角チームは、『テニミュ』初登場のキャラクター・首藤聡を加えた7名が参戦。そして、前公演で好演した氷帝9名とともに、総勢28名のキャストたちが熱いステージを繰り広げる。

初日を前にしたキャストたちのコメントは以下の通り。

■阿久津仁愛 越前リョーマ役
今回は新青学としての初公演となるので、何事にも全力で取り組んでいきたいと思います。六角公演では生意気で負けず嫌いなリョーマがプレッシャーを感じるというシーンがあるので、そこを見ていただけたらいいなと思います。稽古や合宿で学んだことをしっかり全力で披露します。そして8代目(リョーマ役)の古田一紀さんが言っていた「一公演、一公演、熱を持って」という言葉を意識して頑張っていきたいと思います。ぜひ、ご期待ください!

■宇野結也 手塚国光役
この舞台に立てることがとてもうれしいです。新たなメンバーでの公演なのでフレッシュな気持ちをもって頑張ります。六角公演はすごく明るく楽しい公演ですが、青学は僕の演じる部長が不在という中で、自分を含め各々が新たな壁にぶつかり、それを乗り越えようとする姿が印象的なので、そこを楽しみにしていただけると幸いです。新たなメンバーでこの3rdシーズンの『テニミュ』をもっともっと盛り上げられるように全身全霊頑張っていきます。よろしくお願いいたします。

■矢代卓也 葵剣太郎役
六角中のパワー、情熱そして笑顔を皆さんに届けられるような公演にしていきたいと思います。六角中には新たに首藤聡というキャラクターが加わり、そして日替わりネタもあるので、日々違う六角公演を楽しんでいただきたいです。六角公演は楽しいがモットーだと思うので、一人一人、来てくださる皆さん全員に笑顔を届けられるような公演にしていきたいです。皆さんぜひ楽しんでください。

■二葉要 佐伯虎次郎役
氷帝公演とは違って、六角公演は温かさや明るさが重要だと思いますので、そこを存分に発揮して皆さんを笑顔にしたいです。今回は新曲が8曲ありますので、今までの『テニミュ』を支えてきてくださった皆様にもまた新鮮な気持ちで楽しめると思います。また、試合では臨場感を出せるように精いっぱい練習してきたので、そこをぜひ観ていただきたいです。僕たち自身は楽しむ準備が万端なので、お客さまに全公演笑顔で帰っていただけるように頑張ります。

東京公演は25日(日)まで。その後、大阪、愛知、宮城、福岡を巡るツアー公演を経て、2月には東京凱旋公演が行われる。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8957