鴻上尚史脚本・演出の舞台版『ドラえもん』が9年ぶりに再演 キャストに小越勇輝、樋口日奈、皇希、陳内将 - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ドラえもん』上段左から、小越勇輝、樋口日奈、下段左から、皇希、陳内将

▲ 上段左から、小越勇輝、樋口日奈、下段左から、皇希、陳内将


鴻上尚史が脚本・演出を手掛ける舞台版『ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)』が、9年ぶりに再演される。

本作は、「大長編シリーズ」の同名作品が原作。動物が人間の言葉を話すアニマル惑星を舞台に、のび太とドラえもんたちが、イヌの少年・チッポとともに繰り広げる冒険を描いたものだ。

舞台版は、原作者の藤子・F・不二雄作品、中でも「ドラえもん」ファンを自認する鴻上により2008年に初演。社会への冷静な視点と優しい雰囲気、エンターテインメント性の高さなど、原作の魅力をこよなく愛するいちファンとして、意欲的に取り組んだ。

再び鴻上の手により舞台化される今回。キャストには、のび太役の小越勇輝、しずかちゃん役の樋口日奈(乃木坂46)、ジャイアン役の皇希、スネ夫役の陳内将というメンバーがそろう。

インフォメーション

舞台版『ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)』

【スタッフ】原作=藤子・F・不二雄 脚本・演出=鴻上尚史 作詞・音楽プロデュース=森雪之丞
【キャスト】小越勇輝/樋口日奈/皇希/陳内将/佃井皆美/嶋村太一/澤田育子 ほか

■東京公演
2017年3月26日(日)〜4月2日(日)
・会場=サンシャイン劇場
・一般前売=2月4日(土)開始
・料金=全席指定7,500円/under12 4,500円

■福岡公演
2017年4月7日(金)〜9日(日)
・会場=キャナルシティ劇場

■愛知公演
2017年4月14日(金)〜16日(日)
・会場=刈谷市総合文化センター 大ホール

■宮城公演
2017年4月21日(金)〜23日(日)
・会場=多賀城市民会館

■大阪公演
2017年4月29日(土)・30日(日)
・会場=森ノ宮ピロティホール

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8964