ラグビー漫画「ALL OUT!!」が西田シャトナー脚本・演出で舞台化 - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

西田シャトナー

▲ 西田シャトナー

画像を拡大

雨瀬シオリのラグビー漫画「ALL OUT!!」が、西田シャトナーの脚本・演出により舞台化される。

講談社・月刊「モーニング・ツー」で連載中の本作。小柄だが負けん気は人一倍強い初心者・祇園や、経験者だが過去のある出来事からラグビーに打ち込めない・石清水、熱い闘志を胸に秘めたキャプテン・赤山など、体格も個性もバラバラな神奈川高校ラグビー部の面々が、ぶつかり合いながら成長していく姿を描いている。

秋からはTVアニメ版も放送され好評を博す本作の初の舞台化。舞台版『弱虫ペダル』を手掛けてきた西田が、ラグビーの世界をどのように舞台に立ち上げるのか注目だ。

■雨瀬シオリ(原作)
初めてお話を聞いたとき「冗談だろ……」と思ったのですが、関係者の方々に会ってみたら冗談みたいなことをなんだかんだでマジにしちゃいそうな人たちだったのでちょっと安心しました。「AO!!」舞台化、新たな表現、ぶっとび演出は何が起きるか未知数ですが、一体どんな方法で観客に泡吹かせてくれんのか私も今から楽しみです。

■西田シャトナー(脚本・演出)
「ALL OUT!!」の舞台化に関わらせていただくことになり、心躍っております。俳優の肉体の力と、観客の想像力を信じ、ラグビーの迫力と熱気を力いっぱい舞台上に表現したいと考えています。ラグビーは、予想不可能に弾むボールを追って、生身の肉体がぶつかり合うダイナミックなスポーツです。それはまるで、未知なる未来を手に入れようと一生懸命に生きる、私たちの人生そのものです。また、「ALL OUT!!」は、自分の我を通したがる若者と、他人を傷つけることを恐れすぎる若者たちの心が交差する、等身大の繊細な葛藤の物語でもあります。その豊かな要素をしっかりと描くため、最高のキャストとスタッフが揃いました。「ALL OUT!!」という言葉どおり、すべてを出し切る舞台を目指します。ご期待ください。

インフォメーション

『ALL OUT!! THE STAGE』

【スタッフ】原作=雨瀬シオリ(講談社 月刊「モーニング・ツー」連載) 脚本・演出=西田シャトナー

2017年5月
・会場=Zeppブルーシアター六本木

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8966