舞台『刀剣乱舞』の新作が上演決定 鈴木拡樹&荒牧慶彦らが続投 - 2017年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜 ロゴ

人気ブラウザゲームを舞台化した舞台『刀剣乱舞』の新作「義伝 暁の独眼竜」が、6・7月に東京、京都、福岡にて上演される。

歴史上の戦場を舞台に、名立たる名刀が戦士の姿になった“刀剣男士(とうけんだんし)”を育成していくゲーム「刀剣乱舞」。舞台版は、末満健一の脚本・演出により第1弾「虚伝 燃ゆる本能寺」が、昨年5月に初演され、同作は12月にも再演され好評を博してきた。

満を持しての新作となる今回。刀剣男子は、三日月宗近:鈴木拡樹、山姥切国火:荒牧慶彦、燭台切光忠:東啓介、鶴丸国永:健人、小夜左文字:納谷健が、前作に続き出演することが決まった。

さらに、大倶利伽羅、太鼓鐘貞宗、歌仙兼定も登場することが明らかに。彼らを誰が演じるかファンは続報を待とう。

インフォメーション

舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜

【スタッフ】原案=「刀剣乱舞−ONLINE−」より(DMM GAMES/Nitroplus) 脚本・演出=末満健一
【キャスト】鈴木拡樹(三日月宗近)/荒牧慶彦(山姥切国広)/東啓介(燭台切光忠)/健人(鶴丸国永)/納谷健(小夜左文字) ほか

2017年6・7月
東京、京都、福岡

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8998