ゾンビが現れるのは劇場だけじゃない? 横浜流星&篠田麻里子ら出演『BIOHAZARD THE Experience』製作発表会 - 2017年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『BIOHAZARD THE Experience』会見 1 左から、東幹久、横浜流星、篠田麻里子、Raychell

▲ 左から、東幹久、横浜流星、篠田麻里子、Raychell

ギャラリーで見る(全9枚)


CAPCOMの大ヒットゲームを横浜流星の主演で舞台化する『BIOHAZARD THE Experience』。本作の製作発表会が、都内の稽古場で行われた。

ウィルス汚染から発生したゾンビやモンスターたちと戦いを繰り広げるホラー・アクション・ゲーム「BIOHAZARD」。ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のハリウッド映画版などでも広く知られる一方、矢崎広&千葉真一らの出演の舞台版や柚希礼音主演のミュージカル版も上演されてきた。

今回は、観客も気配や音、風などを感じられる、五感を刺激する“超体感型ステージ”演出になるという。作・演出の鈴木勝秀は「匂いもある」「ゾンビが現れるのは劇場だけではないかも?」などプランを少し明かし意欲的な姿勢をのぞかせた。

そのほか、会見での主なコメントは以下の通り。

■横浜流星 カラサワ役
世界的なゲームで映画化もされている話題作のシリーズに参加できることを、本当に光栄に思っています。カラサワは医者で、人一倍正義感がある役なので、稽古を通して皆さんの胸をお借りしながらも、主演として引っ張っていけるように全力を尽くします。今回は“超体感型ステージ”ということで、また新たな舞台になると思うのでそこは本当に見どころだと思います。原作が好きな方、知らない方、ホラーが好きな方、苦手な方にも、たくさんの方に世界観にどっぷりと楽しんでハマっていただけるようにキャスト・スタッフ一同、頑張ります。今回はガン・アクションにも挑戦するのでそこにも注目していただきたいです。

■篠田麻里子 エビハラ役
看護師のエビハラを演じます。看護師の役なので皆さんのサポートができたら。“超体感型”ということで、私たちもまだ探り探りなところもあるのですが、みんなのエネルギーやパワーを皆さんに感じてもらえたらと思います。見どころは、カラサワとのキスシーンですかね?(笑)。

■東幹久 ジンノ役
僕はゲームにどハマりしまして、クリアできないと悔しくて朝まで徹夜したこともありました。そんな作品に参加できることをうれしく思います。サバイバルの専門家で冷静沈着という役なんですが、生きることに執着した人間だと感じています。お客さんには恐怖を与えたいのですが、ただのお化け屋敷にならないように、稽古で極限状態での人間の強さや弱さをどう届けるのか考えています。なかなか、僕らは朝起きて「生きていてよかったな」とか考えることがないので、演技で生々しさとか人間臭さを届けたいです。

■Raychell バンドウ役
私は『BIOHAZARD』シリーズの舞台は3作目の出演になります。また、大好きな世界で生きられることをうれしく思います。今回は、今までと違った恐怖を体感できる舞台になると思うので楽しみにしていてください。メインテーマも歌わせていただくのですが、楽曲は上松範康さんに作曲していただいて、私が作詞させてもらいました。初めてメロディーを聴いた時に、温かく切ない胸に刺さるメロディーで感動しました。詞は生と死をストレートに描いたものになっています。

■上松範康 
今回はテーマソングの作曲をさせていただきました。まずRaychellさんとお会いして声を聴いた時に、こんなに表現力のあるボーカリストと一緒にできたらと思っていたら、一緒に制作する機会に恵まれて、その曲もアルバムの1曲だと思っていたら、テーマソングにしたいということになりました。世界的作品のテーマソングになって非常に光栄に思っています。

■鈴木勝秀(作・演出)
皆さん、役名を聞いて「あれ?」と思われたかと思いますが、今回は「BIOHAZARD」の世界観を日本に置き換えてつくるまったくのオリジナル・ストーリーです。“超体感型”ということで、「五感を使って」というキャッチコピーですが、味覚はないです(笑)。ただ、匂いはありまして、昨日も劇場で試していました。匂いまであるのは、なかなかないことだと思うし、ゾンビもかなりの人数を用意できました。ゾンビは劇場の中だけじゃなくて、いろいろなところに潜ませようと考えていますので、注意怠りなくいらしてください。極限状態の中での人はどうなるかがメインテーマで、ストーリーもいろいろな展開があるのでぜひお楽しみいただきたいです。ちなみに、キスシーンはないです(笑)。

■小林裕幸(CAPCOM)
舞台版は2015年に1作目が上演され、昨年はミュージカルになり、今年は新しい体感型の舞台です。「BIOHAZARD」では初めての日本の設定で、オリジナルの登場人物で物語を組んでいます。オリジナルなので役者さんたちが、鈴木さんと共に役を日々つくってくれています。稽古を見ていると、それぞれの役者さんたちが、精いっぱい、キャラの過去を想像しながら、生きている人物のように演じていますので、生の演技をぜひ観に来ていただきたいと思います。

この記事の写真

  • 『BIOHAZARD THE Experience』会見 1 左から東幹久、横浜流星、篠田麻里子、Raychell
  • 『BIOHAZARD THE Experience』会見 2 横浜流星
  • 『BIOHAZARD THE Experience』会見 3 篠田麻里子
  • 『BIOHAZARD THE Experience』会見 4 東幹久
  • 『BIOHAZARD THE Experience』会見 5 Raychell
  • 『BIOHAZARD THE Experience』会見 6 上松範康
  • 『BIOHAZARD THE Experience』会見 7 鈴木勝秀
  • 『BIOHAZARD THE Experience』会見 8 小林裕幸
  • 『BIOHAZARD THE Experience』会見 9 左から、小林裕幸、鈴木勝秀、東幹久、横浜流星、篠田麻里子、Raychell、上松範康

インフォメーション

『BIOHAZARD THE Experience』

【スタッフ】原作=CAPCOM(「BIOHAZARD」シリーズ) 原作監修=小林裕幸(CAPCOM) 作・演出=鈴木勝秀
【キャスト】横浜流星/篠田麻里子/青柳塁斗/今井れん/Raychell/IZAM/福本有希、志村玲於(Wキャスト)/紗綾/太田光る/大原海輝/石田ヨウスケ/池田努/東幹久

■東京公演
2017年2月10日(金)〜26日(日)
・会場=Zeppブルーシアター六本木

■兵庫公演
2017年3月4日(土)・5日(日)
・会場=新神戸オリエンタル劇場

各公演とも
・一般前売=1月29日(日)開始
・料金=全席指定8,500円/ペアシート(2名並び席)16,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9006