「第61回岸田國士戯曲賞」最終候補作品が発表に - 2017年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

白水社が主催する「第61回岸田國士戯曲賞」の最終候補8作品が、23日に発表された。

選考会は、2月27日(月)に神保町・學士會館にて行われる。今回の選考委員は、岩松了、岡田利規、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、野田秀樹、平田オリザ、宮沢章夫(五十音順)。

インフォメーション

【「第61回岸田國士戯曲賞」最終候補作品一覧】(作者五十音順)

市原佐都子『毛美子不毛話』(上演台本)
上田誠『来てけつかるべき新世界』(上演台本)
長田育恵『SOETSU−韓くにの白き太陽−』(上演台本)
オノマリコ『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』(上演台本)
瀬戸山美咲『埒もなく汚れなく』(上演台本)
林慎一郎『PORTAL』(上演台本)
平塚直隆『ここはカナダじゃない』(上演台本)
山縣太一『ドッグマンノーライフ』(上演台本)

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9012