「第4回ハヤカワ『悲劇喜劇』賞」は『キネマと恋人』が受賞 - 2017年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

早川書房と公益財団法人早川清文学振興財団が主催する「第4回ハヤカワ『悲劇喜劇』賞」の選考会が、23日に行われ、受賞作はケラリーノ・サンドロヴィッチ台本・演出の『キネマと恋人』に決定した。

『キネマと恋人』は、世田谷パブリックシアター+KERA・MAPとしてシアタートラムほかにて上演。ウディ・アレン監督の映画「カイロの紫のバラ」にインスパイアされてKERAが書き下ろした新作で、設定を日本の架空の港町に置き換えたファンタジック・コメディーが描かれる。

授賞式は、3月24日(金)に明治記念館にて行われ、演劇誌「悲劇喜劇」にちなんだ賞碑と副賞100万円が贈られる。

なお、詳しい選考過程や劇評については、4月7日(金)発売の悲劇喜劇5月号に掲載される。

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9018