アダム・クーパー&天海祐希が登場 『SINGIN' IN THE RAIN〜雨に唄えば〜』製作発表会 - 2017年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『SINGIN' IN THE RAIN』会見 1 天海祐希(左)とアダム・クーパー

▲ 天海祐希(左)とアダム・クーパー

ギャラリーで見る(全2枚)


『SINGIN' IN THE RAIN』会見 2 天海祐希(左)とアダム・クーパー

▲ 天海祐希(左)とアダム・クーパー

画像を拡大

アダム・クーパー主演のミュージカル『SINGIN' IN THE RAIN〜雨に唄えば〜』が、再び東急シアターオーブに登場。その4月の上演に先立ってアダム・クーパーが来日した。

ジーン・ケリー主演の同名映画を舞台化した本作。ハリウッド映画がサイレントからトーキーへと変化していく時代、ブロードウェイを目指す作家と俳優のサクセス・ストーリーと映画制作の舞台裏を、ロマンスも交えコメディータッチで軽やかに描いたものだ。

12トンもの本水を使用した躍動感あふれる演出で、主人公ドンが雨の中で歌い踊る名シーンなどを舞台上によみがえらせ、2012年にウエストエンドで上演されたロンドン版が好評を博した。2014年には同公演のオリジナル・キャストであったアダムが特別出演した日本公演が実施。同劇場の海外招聘ミュージカルでは過去最高の動員記録を樹立した。

多くのアンコールの声に応え、アダムをはじめとするロンドン・オリジナルキャストがそろう今回の公演。会見にはアダムの大ファンだという天海祐希も駆け付け、作品の魅力を熱く語った。

■天海祐希
アダムさんの大ファンなので、ここにいられることをとても光栄に思います。この作品は、観ていてとてもワクワクして、心の底から幸せになれるステージです。楽曲は、どこかで皆さん一度は聞いたことがある曲です。想像を超える雨が舞台上に降り、その中で踊る大変さは相当なものだと思います。ですが、さすがアダムさん、その苦労は微塵も感じさせません。洗練された踊りと歌、演技をされるアダムさんがとても魅力的です。ぜひ、だまされたと思って劇場に足を運んでみてください。アダムさんが、絶対損はさせません!

■アダム・クーパー
日本は第二の故郷だと思っています。そんな日本に、何度でも演じたいと思えるこの特別な作品を持ってこられてとてもうれしいです。バレエ・タップ・ジャズなど、さまざまなジャンルのダンスを使って、感情を体現できればと思います。若い方から年配の方まで、皆さんにワクワクと感動、そして最高にハッピーな気持ちになってほしいです。オファーをいただいたとき、ジーン・ケリーの映画があまりに有名で名作なので、オファーをお断りしようか、と思ったほどでしたが、あえて映画は観ず、自分オリジナルの作品にしようとこの作品に挑みました。
前回、日本で上演した際は、客席で皆立ち上がって拍手をいただき、今までにない素晴らしい反応をいただきました。また今回も日本で上演できることが楽しみです!!

インフォメーション

LION PRESENTS
『SINGIN' IN THE RAIN〜雨に唄えば〜』日本特別公演

【スタッフ】演出=ジョナサン・チャーチ 振付=アンドリュー・ライト
【キャスト】アダム・クーパー/ステファン・アネリ/エイミー・エレン・リチャードソン/オリヴィア・ファインズ ほか

2017年4月3日(月)〜30日(日)
・会場=東急シアターオーブ
・チケット発売中
・料金=全席指定S席13,000円/A席11,000円/B席9,000円/U-25チケット6,500円(25歳以下対象、当日指定席券引換、要身分証)

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9019