市川海老蔵、寺島しのぶとの共演に「感慨深い」 六本木歌舞伎『座頭市』が4日開幕 - 2017年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

六本木歌舞伎『座頭市』開幕 15 寺島しのぶ(左)と市川海老蔵

▲ 寺島しのぶ(左)と市川海老蔵

画像を拡大

このほかの写真も見る

市川海老蔵による「六本木歌舞伎」の第2弾『座頭市』が、4日にEX THEATER ROPPINGIで開幕。その初日を前に公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

2015年に脚本の宮藤官九郎と、歌舞伎初挑戦となった演出の三池崇史を迎え、江戸の街に宇宙人が襲来するという大胆な発想の新作『地球投五郎宇宙荒事』を上演した「六本木歌舞伎」。今回は、海老蔵×三池の再タッグに、リリー・フランキーによる脚本が加わった異色の顔合わせとなった。

海老蔵は、座頭市ならではの切れ味鋭い立ち回りを披露する一方、ひょうひょうとしたキャラクター像でも笑わせてくれる。また、ラップも織り込んだ音楽やユニークなエンターテイメント要素などもさまざまに取り入れながら独自の『座頭市』を舞台に展開させる。

公開舞台稽古を終えて、囲み会見に登壇した海老蔵は、初日に向けての意気込みを問われると「特にないです。今日の通りできればいいんじゃないですか」と余裕の表情。一方、共演の寺島しのぶは「疲れ切って燃えカスのような初日にならないようにしたいですね。みんな私が女だって忘れてる。体力が違うんですから苦しいです(笑)」と苦笑い。こう話す通り、今回の寺島は、花魁・薄霧太夫と盲目の少女おすずという二役を担い、早替りなども披露する奮闘ぶりだ。寺島は「工夫をしてるから早く着替えるのはできるけど、それをエンターテインメントにするのが難しいですね。普通にやっても面白くない」と真摯に語った。

海老蔵と寺島の共演は、1995年の新派特別公演以来、実に22年ぶり。これに海老蔵は「いろいろな意味で感慨深い。“歌舞伎”という名目の舞台の上で、歌舞伎役者のように白塗りをして、早替りをしたり、花魁道中をしたりと、もしかして男だったらどうなるだろう……、とか考えちゃいますね」としみじみと心境を明かす。

寺島は「楽しいですけど、そんなこと言ってる場合じゃない。彼とか市川右團次さんとか、プロの中で異物のように見えないように」と気を引き締めたが、「歌舞伎の要素をこんなにやらせてもらって感謝。(歌舞伎が)好きだったのだなと思います」と笑顔を見せた。

通し稽古では、長女・麗禾ちゃん、長男・勸玄君も観劇。市と薄霧太夫との艶っぽいシーンもあることから「子どもの前でやるべき芝居じゃない。意味は分からないだろうけど(笑)」と話したが、上演中には子供たちの笑い声が上がる場面もあり「一番笑ってくれて、いいお客さん」と喜んだ。しかし、「それに比べてあなたたち(報道陣)はまったく反応がない(笑)」とツッコミを入れて笑わせた。

公演は20日(月)まで。

この記事の写真

  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 1
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 2
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 3
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 4
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 5
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 6
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 7
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 8
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 9
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 10
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 11
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 12
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 13
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 14
  • 六本木歌舞伎『座頭市』開幕 15

 

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9044