金爆・喜矢武豊&乃木坂46・若月佑美出演による舞台版『犬夜叉』が上演 - 2017年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

ゴールデンボンバー・喜矢武豊、乃木坂46・若月佑美らの出演で、高橋留美子の同名人気漫画を原作とした舞台『犬夜叉』が上演される。

原作は、1996年から2008年まで小学館「週刊少年サンデー」で連載。伝奇的な世界で繰り広げられる冒険と妖怪たちとの闘いを、交錯する恋心を織り込みながら描き、アニメ版などでも人気を博した。舞台版は、劇団☆新感線により上演されていたが、今回は、松村武脚本×茅野イサム演出をはじめ、新たなスタッフ・キャストの顔合わせでよみがえる。

喜矢武は、偉大な妖怪を父に持ち、優しき人間を母に持つ半妖の少年・犬夜叉に挑戦。若月は、時代を超えて犬夜叉と出会う少女・日暮かごめを担う。

そのほか、強い霊力を持ち、かつて犬夜叉を封印した巫女・桔梗を演じる乃木坂46・伊藤純奈、犬夜叉の宿敵・奈落を演じる木村了など、佐奈宏紀(殺生丸)、滝口幸広(弥勒)、野口かおる(楓)、小林健一(和尚)といった個性溢れるキャスト面々がそろう。

今回の舞台化を受けて原作・高橋は「舞台は大好きなので、どのように仕上がるかものすごく楽しみです」と期待を寄せている。

この記事の写真

  • 『犬夜叉』ビジュアル
  • 『犬夜叉』キャスト
  • 『犬夜叉』原作イラスト

インフォメーション

『犬夜叉』

【スタッフ】原作=高橋留美子「犬夜叉」(小学館刊) 脚本=松村武 演出=茅野イサム
【キャスト】喜矢武豊(ゴールデンボンバー)/若月佑美(乃木坂46)/佐奈宏紀/伊藤純奈(乃木坂46)/滝口幸広/野口かおる/小林健一/木村了 ほか

2017年4月6日(木)〜15日(土)
・会場=天王洲 銀河劇場
・料金=全席指定8,500円
・一般前売=3月18日(土)開始

©高橋留美子/小学館 ©2017 ネルケプランニング/ユークリッド・エージェンシー/小学館

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9047