平野良出演×□字ック・山田佳奈演出の三人芝居で夏目漱石「それから」が舞台化 - 2017年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
文劇喫茶『それから』左から平野良、帆風成海、今立進

▲ 左から平野良、帆風成海、今立進


平野良らの出演により夏目漱石作「それから」が舞台化。5月に俳優座劇場で上演される。

本作は“もっと気軽に文学と演劇に触れられるものを”と立案された、CLIEの新企画「文劇喫茶」シリーズの第1弾として上演されるもの。今回は、平野が主人公・長井代助を演じるほか、ヒロイン・平岡三千代を元宝塚歌劇団の帆風成海、代助の友人・平岡常次郎をお笑いコンビ「エレキコミック」の今立進が、それぞれ演じる三人芝居で送る。

演出は劇団「□字ック」山田佳奈が手掛ける。

インフォメーション

文劇喫茶シリーズ 第1弾
舞台『それから』

【スタッフ】原作=夏目漱石 脚本=田中洋子 演出=山田佳奈(□字ック)
【キャスト】平野良/帆風成海/今立進(エレキコミック)

2017年5月3日(水)〜14日(日)
・会場=俳優座劇場
・料金=全席指定 プレミアムシート9,500円(特典付き)/一般席6,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9056