舞台を古代ローマから江戸に翻案 片岡愛之助主演×宮本亜門演出『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 - 2017年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 10 後列左から、徳井優、ルー大柴、松田美由紀、高橋ジョージ、ダイアモンド☆ユカイ、上山竜司、前列左から、平野綾、片岡愛之助、宮本亜門

▲ 後列左から、徳井優、ルー大柴、松田美由紀、高橋ジョージ、ダイアモンド☆ユカイ、上山竜司、前列左から、平野綾、片岡愛之助、宮本亜門

画像を拡大

このほかの写真も見る

片岡愛之助主演×宮本亜門演出のタッグで送るブロードウェイ・ミュージカル『コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》』。その3月の開幕に先立って、一部シーンの公開稽古と囲み会見が都内の稽古場にて行われた。

本作のオリジナルは、1962年に初演され、トニー賞では6部門を受賞したスティーヴン・ソンドハイムの初期ヒット作『A Funny Things Happend on the Way to the Forum』。今回は、ソンドハイムの直々の許可を得て、舞台を古代ローマから江戸にまるごと移すという前代未聞のプロジェクトが実現した。江戸の街を舞台に、薬問屋の丁稚・丁吉が巻き起こす騒動を描くコメディー・ミュージカルだ。

この日は、作品冒頭に歌われる表題曲〈コメディ・トゥナイト/Comedy Tonight〉、置屋の新入り娘・お美津(平野綾)が薬問屋の布袋屋の息子・比呂(内博貴)に自分の魅力を歌い上げる〈私の自慢/Lovely〉、「お美津との仲を取り持てば自由の身になる」と比呂に言われた丁吉が自由な世界を想像して盛り上がる〈自由は素敵/Free〉の3曲が披露された。

演出・宮本が「エロオヤジ大会」と言うほど、ダイアモンド☆ユカイや高橋ジョージ、ルー大柴など個性豊かなメンバーがそろう本作。宮本は「最高の時間がすごせる大ドタバタ喜劇で、そのためにもすごい稽古を積んでいて、汗かいて必死になってやってる最中。真剣勝負です」と気合は十分。一方、愛之助は「毎日、台本が変わるので心配。歌の歌詞まで変わるのでドキドキしながらの稽古」と苦労をのぞかせたが、「でも笑いの絶えない稽古場だし、また面白く変わっていくので、やっていて楽しいです」と充実した表情だ。

しかし、製作発表会では「歌舞伎の稽古は3日だけのこともあるし大丈夫」と余裕を見せていたという愛之助には、宮本は「(稽古が始まって)真っ青でしたよ。こんなにセリフも歌もあるのかって。何も(台本を)読んでなかったんでしょうね(笑)」と暴露して笑わせた。

これまでに「システィーナ歌舞伎」でも歌を披露していたことはあった愛之助だが、ミュージカルにはこれが初挑戦。ミュージシャンの高橋、ユカイは「素晴らしいですよ。こっち(愛之助)の方がプロなんじゃないかっていうくらい(笑)」と愛之助を絶賛。愛之助と初共演の内も「本当に初めて?ってくらいお上手で素晴らしいです」と驚いていた。

宮本と内は初顔合わせとなるが、宮本は内に「すごく良い。演技も歌も才能あるし、それに、今までにやったことない役なので絶対見てほしいですね。こんなこと出来ちゃうの? やっちゃうの?って面白いですよ」と太鼓判。内も「本当に初めての役なので、日々闘いながらやってます。(宮本演出は)楽しくて良い雰囲気にしてくれる」と笑顔を見せた。

公演は3月4日(土)から28日(火)まで新橋演舞場にて。大阪公演は、4月2日(日)から25日(火)まで大阪松竹座にて行われる。

この記事の写真

  • 『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 1 片岡愛之助
  • 『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 2 片岡愛之助
  • 『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 3
  • 『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 4 左から、徳井優、上山竜司、ダイアモンド☆ユカイ
  • 『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 5
  • 『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 6 平野綾
  • 『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 7 平野綾
  • 『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 8 片岡愛之助
  • 『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 9 片岡愛之助
  • 『コメディ・トゥナイト!』公開稽古 10 後列左から、徳井優、ルー大柴、松田美由紀、高橋ジョージ、ダイアモンド☆ユカイ、上山竜司、前列左から、平野綾、片岡愛之助、宮本亜門

 

インフォメーション

ブロードウェイ・ミュージカル
『コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》』

【スタッフ】脚本=バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート 作詞・作曲=スティーヴン・ソンドハイム 演出=宮本亜門
【キャスト】片岡愛之助/内博貴/平野綾/ダイアモンド☆ユカイ/上山竜治(東京のみ)、鈴木壮麻(Wキャスト)/ルー大柴/徳井優/松田美由紀/高橋ジョージ ほか

■東京公演
2017年3月4日(土)〜28日(火)
・会場=新橋演舞場
・チケット発売中
・料金=全席指定1等席13,000円/2等席8,500円/3階A席5,500円/3階B席3,000円/桟敷席14,000円

■大阪公演
2017年4月2日(日)〜25日(火)
・会場=大阪松竹座
・一般前売=3月5日(日)開始
・料金=全席指定一等席13,000円/二等席7,000円/三等席5,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9060