リヴァイ役:遠藤雄弥、ジャン役:本田礼生に決定 『進撃の巨人』第2弾キャストが発表に - 2017年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

Alexandra Rutter

▲ Alexandra Rutter

画像を拡大

諫山創の大ヒット漫画を原作とし、今夏、舞浜アンフィシアターにて上演されるライブ・インパクト『進撃の巨人』。リヴァイ役:遠藤雄弥、ジャン・キルシュタイン役:本田礼生をはじめとする、第2弾キャストが公開された。

エレン役:三浦宏規、ミカサ役:佃井皆美、アルミン役:阪本奨悟に続き明らかとなった第2弾キャスト。遠藤、本田のほか、コニー・スプリンガー役に廣野凌大、サシャ・ブラウス役には本作が舞台デビューとなる今田美桜、ピクシス司令役には長江英和、エルヴィン・スミス役には和泉宗兵が決まった。

また、本作でムーブメント・ディレクターを務めるイギリスの気鋭シアターカンパニー「Whole Hog Theatre」のAlexandra Rutterのコメントが到着。彼女は「児玉明子さんはじめ、日本のスタッフ、キャストの皆さんとご一緒できることは、大変光栄で感謝すると共にこの舞台に息吹を吹き込 むことを楽しみにしています」と語っている。

本作は、圧倒的な力を持つ巨人とそれに立ち向かう人間たちの戦いを描いたファンタジー・アクション。不気味な巨人たちが人間を捕食するショッキングな描写や、「立体機動装置」と呼ばれる機械を駆使したワイヤーアクション、高い壁に囲まれた街の独特な世界観などで注目を集めている。今回は、松村武脚本×児玉明子演出のもと、キャスト総勢は150名にも及ぶとして舞台化される。

インフォメーション

ライブ・インパクト『進撃の巨人』

【スタッフ】原作=諫山創「進撃の巨人」(講談社『別冊少年マガジン』連載) 脚本=松村武 演出=児玉明子 ムーブメントディレクター=Alexandra Rutter(Whole Hog Theatre) 音楽=和田俊輔 ステージング・振付=TAKAHIRO(上野隆博) アクロバット=吉野和剛 美術=松井るみ
【キャスト】三浦宏規/佃井皆美/阪本奨悟/遠藤雄弥/本田礼生/廣野凌大/今田美桜/長江英和/和泉宗兵/橋本全一/才川コージ/晴本宏亮/さかいかな ほか

2017年7月28日(金)〜9月3日(日)
*プレビュー公演:7月28日〜30日
・会場=舞浜アンフィシアター
・一般前売=4月9日(日)開始
・料金=全席指定 プレミアビューシート(特典付)13,000円/ステージサイドシート11,000円/ワイドビューシート9,500円/バリューシート6,500円
*プレビュー公演は500円引

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9061