市村正親&田中裕子出演『NINAGAWA・マクベス』海外ツアーが実施 - 2017年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

故・蜷川幸雄さんの代表作『NINAGAWA・マクベス』が、6月より香港、ロンドンなどで上演される。

シェイクスピアの『マクベス』を、せりふと人物設定はそのままに、時代を日本の安土桃山時代に移し替えて描いた本作。舞台全体を覆う巨大な仏壇のセットで“仏壇マクベス”とも呼ばれ、国内外から高い評価を得た蜷川さんの代名詞ともされる一作だ。

2015年に17年ぶりに上演された際には、海外からの上演オファーが相次いでおり、蜷川さんの生前から公演は決まっていたとのこと。死去した後でも、各国からは「公演中止ではなくぜひ公演をしてほしい」という打診があり、5月の一周忌を過ぎるタイミングでもあることから、日本公演と併せて、追悼公演として上演することが決定した。

キャストには、15年版に引き続き、マクベス役に市村正親、マクベス夫人役に田中裕子を迎えるほか、バンクォー役:辻萬長、マクダフ役:大石継太、ダンカン王役:瑳川哲朗と「蜷川組」の実力派たちが顔をそろえる。

■市村正親
稽古では幾多のダメ出しを受けて、公演に入り、最後、台本にサインをお願いしたら、「頑張った。蜷川幸雄」と書いてくれました。これからも自分が演じる背景には、常に蜷川さんの魂が傍にいるような気がします。『NINAGAWA・マクベス』で海外公演に一緒に行けないのは無念だけど蜷川魂をこの胸に抱き、乗り込みたいと思っています。マクベスを本場ロンドンでというとプレッシャーは普通なら感じるでしょうが、僕には二−ナがついている。胸を張って乗り込みたいと思っています!

■田中裕子
『NINAGAWA・マクベス』の稽古場で蜷川さんは「忘れないで。僕はいつもここに居るから。ここから見てるから」と、おっしゃいました。あの稽古場でまた稽古を積み直し、市村さんのもと皆で、2017年の再演に向かいます。楽しみにしていらしたイギリス公演にも、蜷川さんと一緒に挑みたいと思います。

同じ記事の写真

  • 『NINAGAWA・マクベス』ビジュアル
  • 『NINAGAWA・マクベス』 1
  • 『NINAGAWA・マクベス』 2
  • 『NINAGAWA・マクベス』 3
  • 『NINAGAWA・マクベス』 5
  • 『NINAGAWA・マクベス』 4
  • 『NINAGAWA・マクベス』 7
  • 『NINAGAWA・マクベス』 8

インフォメーション

久光製薬 カルチャー・スペシャル
『NINAGAWA・マクベス』

【スタッフ】作=W.シェイクスピア 演出=蜷川幸雄
【キャスト】市村正親/田中裕子/辻萬長/大石継太/瑳川哲朗 ほか

■香港公演
2017年6月23日(金)〜25日(日)
・会場=Grand Theatre, Hong Kong Cultural Centre
・一般前売=2月23日(木)開始

■埼玉公演
2017年7月13日(木)〜29日(土)
・会場=彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
・一般前売=4月22日(土)開始
・料金=全席指定S席12,000円/A席9,000円

■イギリス・ロンドン公演
2017年10月5日(木)〜8日(日)
・会場=Barbican Theatre

■イギリス・プリマス公演
2017年10月13日(金)・14日(土)
・会場=Theatre Royal Plymouth

シンガポール公演を予定

*辻萬長の辻は正しくはしんにょうが「一点しんにょう」

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9081