浦井健治&城田優W主演×福田雄一演出でウディ・アレンの『ブロードウェイと銃弾』が日本初演 - 2017年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ブロードウェイと銃弾』浦井健治(左)と城田優

▲ 浦井健治(左)と城田優

ギャラリーで見る(全2枚)


『ブロードウェイと銃弾』仮チラシ

画像を拡大

浦井健治&城田優W主演×福田雄一演出によるミュージカル『ブロードウェイと銃弾』が、2018年2月に日生劇場で上演される。

原作は、ウディ・アレン監督により1994年公開に公開され、アカデミー賞助演男優賞、監督賞、脚本賞など7部門でノミネート、助演女優賞を受賞した同名映画。1920年代の禁酒法時代のニューヨーク・ブロードウェイを舞台に、クセモノぞろい出資者たちからの無茶な要求に悩む真面目な劇作家のデビッドと、主演女優のボディーガード・チーチを軸に巻き起こる騒動を描いたコメディーだ。

ミュージカル版は、ウディ・アレン自らの脚本でブロードウェイで2014年に上演。ブロードウェイらしい陽気な笑いに、歌とダンスが盛り込まれたエンターテイメント性と、20〜30年代の楽曲アレンジし軽快で耳なじみのよい楽曲で好評を博した。

日本初演となる今回は、売れたい劇作家デビッド役に浦井、ギャングのボディーガード・チーチ役に城田が決定。福田とのタッグで、傑作映画の世界をどのように舞台に立ち上げるのか注目しよう。

インフォメーション

ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』

【スタッフ】原作・脚本=ウディ・アレン オリジナル演出・振付=スーザン・ストローマン 演出=福田雄一
【キャスト】浦井健治/城田優 ほか

2018年2月7日(水)〜28日(水)
・会場=日生劇場
・一般前売=11月25日(土)開始

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9082