「第61回岸田國士戯曲賞」は上田誠『来てけつかるべき新世界』が受賞 - 2017年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

白水社が主催する「第61回岸田國士戯曲賞」の選考会が、27日に行われ、上田誠『来てけつかるべき新世界』が受賞作に決まった。

授賞式は4月17日(月)に東京・神楽坂の日本出版クラブ会館にて行われる。

■選考委員・宮沢章夫 コメント
ほぼ最初から、上田誠氏の作品に評価が集中した。見事な筆致に唸ると同時に、悔しいがいくつもの場面で笑った。この技術の高さとセンスの鋭さに感服した。

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9098