マーティン・マクドナーのオリヴィエ賞受賞作『ハングメン』など7作品が上映 「NTライブ2017」ラインアップが公開 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
NTL2017『ハングメン』

▲ 『ハングメン』

ギャラリーで見る(全7枚)


イギリスのロイヤル・ナショナル・シアター(NT)により厳選された舞台作品を上映する「ナショナル・シアター・ライヴ」。その2017年のラインアップが発表となった。今年は、昨年より1作品多い全7作品のラインアップとなっている。

幕開けを飾るのは鬼才マーティン・マクドナーの最新戯曲で、昨年のローレンス・オリヴィエ賞最優秀プレイ賞受賞に輝いた『ハングメン』。60年代のイギリス北西部の街オールダムを舞台に、元死刑執行人ハリーをめぐる物語が描かれる。

第2弾は、ブレヒトの代表作を、NT芸術監督ルーファス・ノリス演出×ロリー・キニア主演の顔合わせで上演した『三文オペラ』、続いて、第3弾はテレンス・ラティガンの1952年初演作『深く青い海』が上映。同作は、第二次世界大戦後のロンドンで、夫を捨て、若い元空軍パイロットと駆け落ちしてしまった女性ヘスター(ヘレン・マクローリー)のドラマがつづられる。

第4弾には、ハロルド・ピンターの1975年初演作を名優イアン・マッケラン&パトリック・スチュワートの競演で送る『誰もいない国』がお目見え。ある夏の午後、パブで飲んでいる老作家ハーストとスプーナーの会話が繰り広げられる本作。事実と空想の境界を超え、やがてパワーゲームと化していくやりとりが、豪華な二人の演技合戦で立ち上がる。

そして、第5弾はシェイクスピアの人気喜劇『お気に召すまま』が登場。『三文オペラ』でロリー・キニアの相手役を務めたロザリー・クレイグ担う“男装の麗人”ロザリンドや、森を斬新に表現したリジー・クラチャンの舞台美術にも注目しよう。

第6弾は、イタリアの作家カルロ・ゴルドーニの戯曲をもとにしたヒット作『一人の男と二人の主人』。ギャングのロスコーと犯罪者スタンリーのもとで右往左往するハメになるフランシスが主人公のドタバタコメディーだ。11年初演で好評を博し、ウエストエンドでロングランを記録したほか、ブロードウェイでも2012年のトニー賞で7部門の候補に。ジェイムズ・コーデンは最優秀主演男優賞を獲得した。

ラインアップを締めくくるのは、NTライブでも上映された『橋からの眺め』で注目を集めたイヴォ・ヴァン・ホーヴェが、イプセン戯曲を手掛けた『ヘッダ・ガブレール』。ヒロイン・ヘッダ役は、過去に2度ローレンス・オリヴィエ賞に輝いた実力派ルース・ウィルソンが務めている。

この記事の写真

  • NTL2017『ハングメン』
  • NTL2017『三文オペラ』
  • NTL2017『深く青い海』
  • NTL2017『誰もいない国』
  • NTL2017『お気に召すまま』
  • NTL2017『一人の男と二人の主人』
  • NTL2017『ヘッダ・ガーブレル』

インフォメーション

【「ナショナル・シアター・ライヴ 2017」ラインアップ】

『ハングメン』

【スタッフ】作=マーティン・マクドナー 演出=マシュー・ダンスター
【キャスト】デヴィッド・モリッシー/アンディ・ナイマン/ジョニー・フリン
2017年4月14日(金)〜20日(木)
・約165分
・ロイヤル・コート劇場初演

『三文オペラ』

【スタッフ】作=ベルトルト・ブレヒト 脚色=サイモン・スティーヴンス 演出=ルーファス・ノリス
【キャスト】ロリー・キニア/ロザリー・クレイグ/ヘイドン・グウィン
2017年6月16日(金)〜22日(木)
・約200分
・ナショナル・シアター初演

『深く青い海』

【スタッフ】作=テレンス・ラティガン 演出=キャリー・クラックネル
【キャスト】ヘレン・マックロリー/トム・バーク
2017年7月7日(金)〜13日(木)
・約180分
・ナショナル・シアター初演

『誰もいない国』

【スタッフ】作=ハロルド・ピンター 演出=ショーン・マサイアス(『ベント』)
【キャスト】イアン・マッケラン/パトリック・スチュワート/オーウェン・ティール/ダミアン・モロニー
2017年9月22日(金)〜28日(木)
・約150分
・コート劇場初演

『お気に召すまま』

【スタッフ】作=W.シェイクスピア 演出=ポリー・フィンドレイ
【キャスト】ロザリー・クレイグ/ジョー・バニスター/パッチー・フェラン
2017年10月13日(金)〜19日(木)
・約200分
・ナショナル・シアター初演

『一人の男と二人の主人』

【スタッフ】作=リチャード・ビーン 演出=ニコラス・ハイトナー
【キャスト】ジェイムズ・コーデン/トム・エデン
2017年11月10日(金)〜11月16日(木)
・約195分
・ナショナル・シアター初演

『ヘッダ・ガーブレル』

【スタッフ】作=ヘンリック・イプセン 脚色=パトリック・マーバー 演出=イヴォ・ヴァン・ホーヴェ
【キャスト】ルース・ウィルソン/レイフ・スポール
2017年12月1日(金)〜7日(木)
・約210分
・ナショナル・シアター初演

各作品とも
・劇場=TOHO シネマズ 日本橋/TOHO シネマズ 六本木ヒルズ/TOHO シネマズ 川崎/TOHO シネマズ 名古屋ベイシティ/TOHO シネマズ 梅田/TOHO シネマズ 西宮OS/TOHO シネマズ 二条/福岡中州大洋
*中州大洋のみ、全作品、公開日は1日後の土曜初日公開
・料金=一般3,000円/学生2,500円(要学生証)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9101