井上芳雄&山崎育三郎と“甘いひととき”を過ごせる!? ロッテアイス「レディーボーデン」キャンペーン動画「ヒロイン気分シアター」が公開 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「レディーボーデン キャンペーン」 1 井上芳雄(左)と山崎育三郎

▲ 井上芳雄(左)と山崎育三郎

ギャラリーで見る(全8枚)


ロッテアイス「レディーボーデン」では、井上芳雄&山崎育三郎を起用したキャンペーン「Lady Borden Wプリンスキャンペーン」を、本日3月1日より実施。二人とミュージカル風の記念写真が残せる「なりきりヒロイン撮影会」に抽選で10名を招待する。また、同キャンペーンサイトでは、二人が出演するショート・ミュージカル「ヒロイン気分シアター」などの動画を公開している。

「ヒロイン気分シアター」は、さまざまなシーン・食べ方で楽しめる同商品の魅力を、歌とダンスでミュージカル風に表現したもの。井上&山崎と一緒に過ごす“甘いひととき”が、視聴者目線の主観映像で楽しめる。

山崎が演じる「朝の目覚めに」篇、井上が演じる「家族で分け合う」篇は、それぞれ、奥さん、彼女に優しくレディーボーデンをすすめてくれるという設定。「トッピングを楽しむ」篇では、二人がエプロン姿で息の合ったコンビネーションを披露している。さらに「ホームパーティ」篇では、スーツ姿の二人が一人の女性を取り合うかのような視線を送るという趣向だ。

映像は、女性目線の臨場感や、演技の躍動感・ライブ感を表現するため、すべて音楽に合わせてカットを割らずに撮影する「ワンカット撮影」にチャレンジ。わずかなズレやミスですべてがNGになるという緊張の中での撮影だったが、二人とも数テイクで完璧な演技を披露してみせた。また、撮影中は、それぞれがキメ顔でカメラに目線を送ると、現場に立ち会った女性スタッフたちから、黄色い歓声が上がる一幕もあったという。

本作の振付を手掛けた振付家は「お二人の表現力は圧倒的」と絶賛。「当日までスタッフと何度も打ち合わせを重ねてきたのですが、お二人の演技は期待を超えるものばかりで“いい意味”で壊されました(笑)。特に印象に残ったのは、振付を細かく伝えるよりも、シーンを伝えることで表現が圧倒的に豊かになったことです。表情であったり、タイミングであったり、いろいろな要素を組み合わせて表現することで高いレベルのパフォーマンスを披露してくれました。また、お二人のコンビネーションも抜群。共演パートでは、それぞれが違う個性を出しながらも阿吽の呼吸で融合していく。プレビューを見ながら意見を出し合い、その場で修正していく姿を見て“互いに尊敬しあっているんだな”と感じました」と語っている。

動画は4篇のほか、レコーディングの模様を収録したメイキングや撮影を終えての二人のインタビュー動画なども用意されている。

なお、二人がそれぞれに歌うレディーボーデンのテーマソングのソロバージョンが、ロッテアプリで配信される。ファンはこちらもチェックしてみよう。

キャンペーンは4月30日(日)まで。応募方法などの詳細は公式サイトを参照。

この記事の写真

  • 「レディーボーデン キャンペーン」 1 井上芳雄(左)と山崎育三郎
  • 「レディーボーデン キャンペーン」 2 井上芳雄(左)と山崎育三郎
  • 「レディーボーデン キャンペーン」 3 山崎育三郎
  • 「レディーボーデン キャンペーン」 4 井上芳雄
  • 「レディーボーデン キャンペーン」 5 井上芳雄(左)と山崎育三郎
  • 「レディーボーデン キャンペーン」 6
  • 「レディーボーデン キャンペーン」 7 井上芳雄(左)と山崎育三郎
  • 「レディーボーデン キャンペーン」 8

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9103