舞台版『男水!』公演ビジュアル、松田凌&吉谷光太郎コメントが到着 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

現在、日本テレビほかにて放送中のドラマ「男水!」に続き5月に開催される舞台公演版のキービジュアルが解禁。併せて、主演の松田凌と、舞台版の脚本・演出を務める吉谷光太郎のコメントが到着した。

公演は、東京・THEATRE1010にて5月11日(木)から21日(日)まで、大阪・森ノ宮ピロティホールにて5月24日(水)から28日(日)まで行われる。なお、3月1日(水)発売のDVD&Blu-ray上巻に封入されているシリアルナンバーでの先行発売が同日よりスタートする。

■松田凌 榊秀平役
ドラマとしてご覧いただいている「男水!」を次は舞台として、僕らの青春を皆さまにお届けします。競泳という世界観をどう舞台上で表現するの? と感じていらっしゃる方も少なくないと思いますが、想像以上の作品を生み出せるよう一丸となって向き合っていきますのでぜひ劇場までお越しください。

■吉谷光太郎(脚本・演出)
舞台で競泳を表現するという、とてもわくわくする仕事に携わらせていただき、大変光栄に思えます。素晴らしいキャスト陣と共に舞台ならではの「男水!」を、熱いドラマを、皆さまにお届けしたいと思います。よろしくお願いします。

また、今週3月4日(土)放送のドラマ7話の場面写真も解禁に。プールが突然の工事になってしまった東ヶ丘高校水泳部だったが、川崎(廣瀬智紀)の計らいにより、龍峰高校のプールを1レーン使わせてもらえることになる。迷いから吹っ切れた秀平(松田)は着実にタイムを縮めていくが、大樹(宮崎秋人)は礼央(安西慎太郎)の練習を目の当たりにし、礼央との差を意識するようになる。「水の外のこと、言い訳に使うなよ」という、川崎の言葉が大樹の胸に突き刺さる大樹。そんな中、ついに都大会のタイムテーブルが発表になる……。

同じ記事の写真

  • 『男水!』ビジュアル
  • ドラマ「男水!」7話 1
  • ドラマ「男水!」7話 2
  • ドラマ「男水!」7話 3
  • ドラマ「男水!」7話 4
  • ドラマ「男水!」7話 6

インフォメーション

舞台『男水!』

【スタッフ】原作=「男水!」(木内たつや/白泉社「花とゆめ」) 脚本・演出=吉谷光太郎
【キャスト】松田凌/宮崎秋人/安西慎太郎/赤澤燈/佐藤永典/小澤廉/黒羽麻璃央/池岡亮介/神永圭佑/齊藤教兵/奈須田雄大/津嘉山寿穂/櫻井圭佑/上村海成/廣瀬智紀

■東京公演
2017年5月11日(木)〜21日(日)
・会場=THEATRE1010

■大阪公演
2017年5月24日(水)〜28日(日)
・会場=森ノ宮ピロティホール

各公演とも
・一般前売=4月8日(土)開始予定
・料金=全席指定8,900円


「男水!」

【スタッフ】原作=「男水!」(木内たつや/白泉社『花とゆめ』) 脚本=吉田恵里香 監督=松永洋一
【キャスト】松田凌/宮崎秋人/安西慎太郎/赤澤燈/佐藤永典/小澤廉/黒羽麻璃央/池岡亮介/神永圭佑/齊藤教兵/奈須田雄大/津嘉山寿穂/櫻井圭佑/上村海成/大浦龍宇一/モロ師岡/廣瀬智紀

日本テレビにて毎週土曜深夜0:55より放送

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9104