加藤和樹主演×深作健太演出、ロベール・トマ作『罠』が7年ぶりに再演 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

加藤和樹主演×深作健太演出のタッグにより、ロベール・トマの傑作サスペンス『罠』が、今夏上演される。

本作は、山奥の山荘で発生した殺人事件をめぐり、巧みな伏線と構成、緊張感あふれるセリフの応酬を盛り込みながら展開するサスペンス・ドラマ。加藤が、2009年に板垣恭一演出で舞台初主演に挑んだ作品だ。翌年の再演でタッグを組んだ加藤×深作の顔合わせが、このたび、7年ぶりに実現する。

共演には、白石美帆、渡部秀、初風緑、山口馬木也、筒井道隆というメンバーがそろう。

■加藤和樹
7年ぶりの『罠』……、初主演舞台。初演でご一緒した白石美帆さん、再演でご一緒した初風緑さん。新たに渡辺秀君、山口馬木也さん、そして、筒井道隆さん。楽しみでなりません。再演の演出を手掛けた深作健太さんとまたこうしてがっつりお芝居をつくれることをうれしく思います。今回、また新たな『罠』が生み出されるでしょう。皆さんどうか、その目撃者になってください。劇場でお待ちしております。

■深作健太
7年前、初めて舞台演出家として、デビューさせていただいた『罠』を、今また加藤和樹くんと一緒につくり上げることができるのが、楽しみでなりません。作家のロベール・トマさんは上演当時、戯曲のラストシーンを上下反転して印刷するほど、あっと驚く衝撃のラストを内緒にするよう指示しました。50年以上色褪せない、傑作サスペンス。その醍醐味を思う存分、楽しんでください。

インフォメーション

『罠』

【スタッフ】原作=ロベール・トマ 翻訳=平田綾子 演出=深作健太
【キャスト】加藤和樹/白石美帆/渡部秀/初風緑/山口馬木也/筒井道隆

■東京・亀有公演
2017年7月13日(木)
・会場=かめありリリオホール

■兵庫公演
2017年7月15日(土)・16日(日)
・会場=兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

■東京・池袋公演
2017年8月8日(火)〜15日(火)
・会場=サンシャイン劇場

各公演とも
・料金=全席指定8,000円
・一般前売=4月22日(土)開始

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9105