博多華丸が吹奏楽指揮に奮闘 博多座『熱血!ブラバン少女。』が4日開幕 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

漫才コンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸が、地元・博多座で2度目の主演舞台に挑戦した『熱血!ブラバン少女。』。本作の4日(土)の開幕に先立ち、華丸らメインキャストによる囲み会見が行われた。

本作は、全国トップレベルの実力を誇る福岡・精華女子高等学校吹奏楽部の大ヒットCD「熱血!ブラバン少女」を、G2オリジナルの脚本と演出で舞台化するもの。華丸演じる熱血コーチのもと、全国大会を目指す女子高校吹奏楽部の姿が描かれる。また、精華女子高等学校吹奏楽部の現役“ブラバン少女”たちが毎日ゲスト出演し、生演奏を披露する事でも話題だ。

劇中で、女子高生たちを率いて実際の指揮に挑戦する華丸は「僕の方がリードしてリズムをとらなければいけないんですが、女子高生たちの純粋な目で見られると追い詰められてしまいます。カラオケに行った時もリズムをとる練習を重ねているのでカラオケのレベルは上がったと思います(笑)。女子高生にモテるために5キロ痩せました」と冗談交じりに語ったが、実は吹奏楽部の生徒たちと初めて合同で演奏練習ができたのはわずか1週間前だという。これまで指揮の練習を重ねてきた華丸も、生の演奏を前に苦戦。芝居の稽古の合間を利用し、指揮の反復練習に励んできた。

華丸は、先週2月25日にフジテレビにて放送された「ENGEIグランドスラム」でも本作に関するネタを博多大吉とともに披露した。「僕が頼んだわけではないのですが(笑)、あのネタは大吉さんがつくってくれました」と明かしたほか、今回の舞台出演にあたり、大吉は華丸へオリジナルの“楽屋のれん”を贈るなどコンビ愛は健在だ。

また、博多弁のセリフがほとんどの物語の中で存在感を放つのが鳳蘭。物語の舞台となる女子高の校長役で、ネィティブな関西弁を流暢に披露し、華丸との漫才さながらの掛け合いも見どころとなっている。そんな鳳は「この舞台は音楽、大道具、演出と、素晴らしい要素が本当にたくさん。冒頭に生演奏のシーンがあるが私も涙と鳥肌が止まらなかった。福岡だけではもったいないので、東京は帝国劇場、大阪は梅田芸術劇場でやってほしい、と書いておいてください(笑)」と取材陣へ“校長命令”を発動した。

最後は華丸が「私にも娘が二人いますが、どちらかに吹奏楽をやらせておけばよかったと思うくらい(吹奏楽は)素晴らしい世界。精華女子高校吹奏楽部の皆さんとのコラボは、負けたら終わりの高校野球と同じくらいのプレッシャーですが、一回一回、毎日が初日の気持ちで臨みます」と気合いたっぷりに締めた。

3月4日(土)から26日(日)まで行われる。

この記事の写真

  • 博多座『熱血!ブラバン少女。』開幕 1
  • 博多座『熱血!ブラバン少女。』開幕 2
  • 博多座『熱血!ブラバン少女。』開幕 3
  • 『熱血!ブラバン少女。』ビジュアル

インフォメーション

『熱血!ブラバン少女。』

【スタッフ】作・演出=G2
【キャスト】博多華丸/星野真里/金子昇/田中美里/宇梶剛士/森田順平/鳳蘭/宮崎香蓮/入来茉里/神田朝香/上野遥/武内由紀子/斉藤優/是近敦之/松永玲子
ゲスト出演=精華女子高等学校吹奏楽部

2017年3月4日(土)〜26日(日)
・会場=博多座
・料金=全席指定A席12,000円/特B席9,000円/B席7,000円/C席4,000円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9111