三谷幸喜の新作は「今までにやったことのない」サスペンス 『不信〜彼女が嘘をつく理由』が開幕 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『不信』開幕 1 左から、段田安則、優香、栗原英雄、戸田恵子

▲ 左から、段田安則、優香、栗原英雄、戸田恵子

ギャラリーで見る(全14枚)


『不信』開幕 14 左から、栗原英雄、戸田恵子、段田安則、優香、三谷幸喜

▲ 左から、栗原英雄、戸田恵子、段田安則、優香、三谷幸喜

画像を拡大

このほかの写真も見る

三谷幸喜作・演出による新作『不信〜彼女が嘘をつく理由』が、プレビュー公演を経て、本日7日に東京芸術劇場 シアターイーストにて開幕。その初日を前に一部シーンの公開舞台稽古と会見が行われた。

2年ぶりのパルコ・プロデュース公演に「ホームグラウンドに戻ってきた感覚」と話した三谷が、今回送るのはサスペンス。一つの小さなウソが、さらなるウソを引き起こし、やがて坂道を転がるように暴走を始めて……、とどんでん返しに次ぐどんでん返しで先の読めない悲喜劇が繰り広げられる。

三谷は「今までにやったことのないものをやりたいなという思いがあったんです。だいたい僕は、セットをつくり込んでのワンシチュエーションが多いのですが、今回はシンプルなセットで、2時間の芝居に全34幕」と語り、かなり意欲的な作品のようだ。

さらに、脚本執筆の際には「アイデアが縮こまらないように、演出のことをあまり考えないで書くようにした」とのこと。「“作家・三谷”から“演出家・三谷”へ、ホンが託される感覚で、このホンをどうやってつくり上げたらいいんだろうと、こんなに稽古場で悩んだことはない」と明かした。

演出にあたっても「34シーンもあるんですが、映画を見ているようなスピード感にしたくて、転換の時間を限りなくゼロに近づけたいと試行錯誤しました」と苦労をのぞかせたが、「最初は稽古場に何億もかけてベルトコンベアを仮設したけど、台本ができたら一切使うところがなかったり、イスがコンピューター制御で全自動で動いたりと(実際は手動)、トライ・アンド・エラーを重ねて、ものすごくお金のかかった、歴史に残る舞台になったのでは」と三谷らしいジョークを交じえながら仕上がりに胸を張った。

東京芸術劇場 シアターイーストという濃密な空間でこの挑戦に取り組むのは、段田安則、優香、栗原英雄、戸田恵子の4人。4日からのプレビュー公演を経て、段田は「一切笑いなしのサスペンス、シリアスドラマのはずなんですが、お客さんはプレビューでなぜか笑ってる。今回は一味違う三谷幸喜作品をぜひご堪能ください」とコメントすると、優香は「シリアスなのになぜか笑ってくれたり、盛り上がってくれると、こっちもとっても気持ちが良くなって、一体感が楽しいなっていう瞬間がちょっとだけあります(笑)」と笑った。

また、三谷によると「段田さんは優香さんは夫婦役なんですが、こんなに楽しそうに稽古場にいる段田さんは初めて見た」そうで、この言葉に段田は「優香さんのおかげ」とうれしそうだった。

「真田丸」で真田信尹を演じ、三谷作品初参加の栗原は「三谷さんには『真田丸』で推薦してもらって、新しい挑戦にまた呼んでもらって光栄です」と気を引き締めると、三谷作品常連の戸田は「今回は、役名がなかったりと、初めての試みが多くて戸惑いながらのお稽古でした。戸惑いが楽しさに変わるには、時間がかかるかなと思いながら稽古してきましが、三谷さんは作家としても面白いけど、演出力もものすごいおありで、それに乗っかってここまでやってきました。今までやったことないというのが不思議なくらいです」と三谷とのタッグぶりが垣間見えた。

対面型に設けられた客席の間につくられた今回の舞台。2度目の舞台出演となる優香は「4人しか出ないのでまずこのたくさんのセリフ量を入れ込むのが大変なんですが、場面転換も大変。いろいろ覚えるのが本当に大変で。いまだに出口を間違えそう(笑)」と苦心している様子。栗原も「一度、上手下手を間違えたことがあって。空いた時間には、舞台に上がらせてもらって慣れるようにしてきました」と話した。

段田は「あえて表情をスッと隠したり、後ろ姿だから見せられるものがあったり、この両面であるからこそ効果的なことがある」とベテランならではの経験を感じさせつつも、「あちら側とこちら側で、印象が違うかもしれないので、ぜひ2回観ていただけたら(笑)」とアピール。三谷も「観客はこっち側を向いてる俳優には感情移入しやすいので、やっぱり必ず2回は観てほしいですね」と笑わせた。

さらに、三谷は「戸田さんが一人ニヤリと笑うシーンがあったりするのですが、後ろからは表情が分からないので、両側に向けて2回やってもらうようにお願いしたんです。それはすごく不自然なことで普通の感覚ではありえないことだけど、それをきちんと自然にやり遂げてくれるのがこの俳優たち。2回笑うのが全然不思議じゃなく、リアルにやってくれるのが戸田恵子でございます」と太鼓判を押した。

公演は、4月30日(日)まで。

なお、現在発売中の「シアターガイド」4月号では優香のインタビューを掲載している。公演と併せてこちらもチェックしていただきたたい。

この記事の写真

  • 『不信』開幕 1 左から、段田安則、優香、栗原英雄、戸田恵子
  • 『不信』開幕 2 段田安則
  • 『不信』開幕 3 優香(左)と段田安則
  • 『不信』開幕 4 戸田恵子(左)と栗原英雄
  • 『不信』開幕 5 優香(左)と戸田恵子
  • 『不信』開幕 6 優香
  • 『不信』開幕 7 優香(左)と段田安則
  • 『不信』開幕 8 戸田恵子(左)と優香
  • 『不信』開幕 9 三谷幸喜
  • 『不信』開幕 10 段田安則
  • 『不信』開幕 11 優香
  • 『不信』開幕 12 栗原英雄
  • 『不信』開幕 13 戸田恵子
  • 『不信』開幕 14 左から、栗原英雄、戸田恵子、段田安則、優香、三谷幸喜

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9120