宝塚歌劇団雪組・次期トップコンビは望海風斗&真彩希帆に決定 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は、9日、雪組トップスターの早霧せいなとトップ娘役の咲妃みゆが、2017年7月23日付で退団するのに伴い、次期トップスターに望海風斗、次期トップ娘役に真彩希帆が就任することを発表した。

新トップコンビのお披露目公演は、8・9月に開催される全国ツアー公演、ミュージカル・ロマン『琥珀色の雨にぬれて』、Show Spirit『“D”ramatic S!』に決まった。

『琥珀色の〜』は、1920年代の爛熟期のパリを舞台に、戦火を潜り抜けても純粋さを失わない貴族の青年クロードと、魔性の女シャロンとの恋を中心に、4人の男女が織り成す恋愛心理劇。1984年に高汐巴、若葉ひろみらによる花組で初演されて以降、上演が重ねられてきた人気作だ。

『“D”ramatic S!』は、雪組(Snow troupe)の魅力を、最大限に詰め込んだショーシーン(Show Scene)の数々で構成したショー。4月に開幕する早霧のサヨナラ公演の演目で、今回は、全国ツアー版として新たに送る。

また、同公演と併せて、彩風咲奈主演の日本青年館ホール・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ公演、MUSICAL FANTASY『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』も発表に。

同作は、ジュール・ヴェルヌの海洋SF小説「海底二万里」に登場するネモ船長を主人公としたミュージカル・ファンタジー。潜水艦ノーチラス号で植民地支配をもくろむ国々と戦うネモ船長の孤高の美学を、彼に思いを寄せる女性調査隊員とのロマンスを交えて描く。

インフォメーション

宝塚歌劇雪組

全国ツアー
ミュージカル・ロマン『琥珀色の雨にぬれて』
Show Spirit『“D”ramatic S!』

【スタッフ】『琥珀色〜』作=柴田侑宏 演出=正塚晴彦 『“D”ramatic S!』作・演出=中村一徳
【キャスト】望海風斗/真彩希帆 ほか

2017年8月25日(金)〜9月18日(月・祝)
・相模女子大学グリーンホール、愛知県芸術劇場 大ホールほか、全13会場にて公演


MUSICAL FANTASY『CAPTAIN NEMO …ネモ船長と神秘の島…〜ジュール・ヴェルヌ「海底二万里」より〜』

【スタッフ】脚本・演出=谷正純
【キャスト】彩風咲奈 ほか

■東京公演
2017年8月29日(火)〜9月4日(月)
・会場=日本青年館ホール
・一般前売=7月16日(日)開始
・料金=全席指定S席7,800円/A席5,000円

■大阪公演
2017年9月16日(土)〜24日(日)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
・一般前売=8月6日(日)開始
・料金=全席指定7,800円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9129