キスマイ・北山宏光が田村孝裕との初タッグでストレートプレイ初主演に挑戦 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

Kis-My-Ft2・北山宏光が主演を務める舞台『あんちゃん』が、6月より東京グローブ座と大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。

作・演出を手掛けるのは劇団「ONEOR8」の田村孝裕。物語の主人公は、幼い自分と家族を捨てた父を憎み、悪者にして生きてきた青年だ。父と再会し去っていった本当の理由を知ることになった彼の抱える家族への想いが揺れ動くさまを描く。

2015年の『滝沢歌舞伎 10th Anniversary』以来、約2年ぶりの舞台出演となる北山。これがストレートプレイでの初主演となる。田村との初タッグでどんな一面を見せるのかファンは期待しよう。

■北山宏光
初の単独主演をさせていただけると聞いたときは、ビックリして「俺が? 主演? 大丈夫?」と何度も確認をしてしまいました。今回、田村さんとは初めてご一緒させていただくので、少しでも成長できるようについていきたいと思っています。今作のテーマ「人は誰かを悪者にしないと生きていけないのか?」、これは誰の心にも訴えかけられるテーマだと思います。舞台を観終わって劇場の扉を開けて出て行く時、皆さんの心にポッと灯をともせるようなお芝居を目指して頑張りますので、ぜひ劇場に足を運んでいただきたいです。

■田村孝裕(作・演出)
評判や評価、特に批判は以前よりも断然、身近になった。悪行への許容範囲が狭まったと言い換えることもできる。そんな時代にトップアイドルに君臨する北山さんには尊敬しかないが、何より凄いのは、“悪”を一切感じないことだ。人間誰しも“悪”の部分を持っているはずなのに“善”ばかりが目についてしょうがない。でも芝居においての人間らしさは“悪”にたくさん詰まっていると私は思う。ご一緒するにあたり、どこかにいるはずの“悪”を垣間見るべく、必死になって稽古しようと思います。

インフォメーション

『あんちゃん』

【スタッフ】作・演出=田村孝裕
【キャスト】北山宏光 ほか

■東京公演
2017年6月27日(火)〜7月23日(日)
・会場=東京グローブ座
・一般前売=5月21日(日)開始
・料金=全席指定S席8,800円/A席7,800円/B席5,800円

■大阪公演
2017年8月5日(土)・8日(火)
・会場=森ノ宮ピロティホール
・一般前売=5月21日(日)開始
・料金=全席指定8,800円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9138