主演・星野源「自分が演じる登場人物史上、最もダメな人」 WOWOW連続ドラマ「プラージュ」が今夏放送 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
WOWOW「プラージュ」星野源

▲ 星野源(第1話より)


星野源が主演を務めるWOWOW連続ドラマ「プラージュ」が今夏放送される。

本作は、「ストロベリーナイト」などで知られる人気作家・誉田哲也の同名小説が原作。星野は、魔が差したために覚せい剤に手を出し“前科者”になってしまった男を演じる。

会社は解雇され、住んでいた部屋も火事になり、途方に暮れていた主人公・貴生がたどりついたのは「プラージュ」というシェアハウス。再就職が決まるまでとそこで住み始めた貴生だったが、“ワケあり”の住人たちが起こすさまざまな騒動に巻き込まれていく……。

さまざまな過去を背負い居場所を失った厄介者たちが集うシェアハウスを舞台に、不器用ながらも懸命に生きようとする人々の姿を通して、涙とユーモアにあふれた“再生”の物語をつづるエンターテインメント・ミステリーだ。

自身が演じる主人公・吉村貴生に「自分が演じる登場人物史上、最もだらしなくてダメな人だと思います(笑)。脚本を読んでいる時も“この人苦手だなあ”と声に出しながら読んでいました」と印象を述べる星野だが、「でも3話あたりからやっとその魅力が分かるように、妙に好きになってきている自分がいます。不思議な役だと思います」と魅力を感じているようだ。

悪と正義、法と社会、加害者と被害者など、さまざまな視点から視聴者に問い掛ける本作。星野は「心に秘密や傷を抱えた登場人物が、たくさん出てきますが、それぞれどうしようもなく人間的で魅力的ですてきだと思いました。シリアスさの中にもユーモアがって、とても面白い作品だと感じました」と語る。

また、視聴者に向けて「素晴らしいキャストの皆さんと共に、刺激的かつ楽しい作品を届けられるよう頑張りたいと思います」とメッセージを送っている。

インフォメーション

連続ドラマW「プラージュ」

【スタッフ】原作=誉田哲也(「プラージュ」幻冬舎刊) 監督=吉田康弘 脚本=大浦光太/吉田康弘
【キャスト】星野源 ほか

2017年夏・毎週土曜22:00放送開始(全5話予定)
・WOWOWプライム
*第1話無料放送

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9146