寺島しのぶ主演×熊林弘高演出『OTHER DESERT CITIES』が上演 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『OTHER DESERT CITIES』ビジュアル

寺島しのぶ主演×熊林弘高演出のタッグによる舞台『OTHER DESERT CITIES(アザー・デザート・シティーズ)』が、7月に東京と大阪で上演される。

物語の舞台となるのは、イラク戦争が続く2004年のクリスマスイブ、カリフォルニア州の砂漠の街パームスプリングスに集まったとある家族。封印してきた家族の過去を赤裸々に書いた回想録を出版するという娘の発言をきっかけに、激しく対立していく親子の姿が、それぞれの政治観と個性を織り混ぜながら描かれる。

2010年にオフ・ブロードウェイで初演され、翌年にはブロードウェイでも上演。2012年のトニー賞では、プレイ部門作品賞、主演女優賞、助演女優賞、装置デザイン賞、照明デザイン賞と5部門にノミネートされ、シルダ役を演じたジュディス・ライトが、助演女優賞を獲得した。さらに同年のピュリツァー賞戯曲部門でもファイナリストに選出された。

このたび、熊林の演出と、映画「紙の月」の脚本でアカデミー賞優秀脚本賞を受賞した早船歌江子の翻訳で上演。早船はこれが舞台脚本の翻訳への初挑戦となる。

寺島が演じるのは、うつ病を患った作家の長女ブルック。そのほか、ブルックの母で共和党支持者の元脚本家ポリーに佐藤オリエ、ポリーの妹でアル中の元脚本家シルダには麻実れい、ブルックの弟で姉と両親の間で中立を保とうとするトリップに中村蒼、元映画俳優の共和党員である父ライマンに中嶋しゅうと実力派たちが顔をそろえる。

■寺島しのぶ ブルック役
戯曲を一読して「これ、わたし!」って思ったんです。「今、私がやる意味がある」と思いました。このよくできた戯曲で、熊林(弘高)さんの演出で、しびれる共演者の方たちがいて、やらない理由がなかったです。

■中村蒼 トリップ役
海外の戯曲の出演経験はまだありません。自分ではまだ早いかなと思っていたのでうれしいです。聞くところによると、役者以外は稽古場に入れないルールで稽古をやるんですってね。どんな感じになるのか、楽しみ。

■麻実れい シルダ役
最初に台本を読んでみて、自分の中で可能性が見つからず、迷って迷って、演出の熊林(弘高)さんに電話で相談したほど。たとえ大変な役でも、熊林さんの演出には、できる限り関わりたいと、決意を新たにしました。

■中嶋しゅう ライマン役
アメリカの共和党の政治家の役です。政権の内幕を描いたアメリカのTVドラマなどを見ていても、それはすざまじい世界のようですが、家族の前ではオロオロしているだけの、ただのお父さん。女性の強さにはかないません。

■佐藤オリエ ポリー役
今まで演じてきた母親の役は、わがままで子供を犠牲にする役ばかり。今回は逆で、家族を必死に守る役。できるかしら、とも思いますが、自分の母に似ていて、「母の色んなトコロ、生かせる」と密かに思っています。

インフォメーション

『OTHER DESERT CITIES(アザー・デザート・シティーズ)』

【スタッフ】作=ジョン・ロビン・ベイツ 翻訳・台本=早船歌江子 演出=熊林弘高
【キャスト】寺島しのぶ/中村蒼/麻実れい/中嶋しゅう/佐藤オリエ

■東京公演
2017年7月6日(木)〜26日(水)
・会場=東京芸術劇場 シアターウエスト

■大阪公演
2017年7月29日(土)〜31日(月)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

各公演とも
・一般前売=4月16日(日)開始
・料金=全席指定9,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9147