小越勇輝「お客さんと一緒につくり上げたい」 鴻上尚史脚本・演出 舞台版『ドラえもん』が開幕 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『ドラえもん』開幕 16 左から佃井皆美、皇希、樋口日奈、ドラえもん、小越勇輝、陳内将、鴻上尚史

▲ 左から佃井皆美、皇希、樋口日奈、ドラえもん、小越勇輝、陳内将、鴻上尚史

画像を拡大

このほかの写真も見る

鴻上尚史の脚本・演出と、小越勇輝、樋口日奈(乃木坂46)、皇希、陳内将らの出演で送る舞台版『ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)』が、26日にサンシャイン劇場にて開幕。その初日公演に先立って一部シーンの公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

漫画版の「大長編シリーズ」の同名作品を原作とした本作。動物が人間の言葉を話すアニマル惑星を舞台に、のび太とドラえもんたちが、イヌの少年・チッポとともに繰り広げる冒険を描く。公開されたのはアニメのオープニングテーマでもおなじみの〈夢をかなえてドラえもん〉と、〈これで安心!探検セット〉のシーン。先だって稽古場で披露された際には見られなかったドラえもんも加わり、のび太たちやさまざまな動物に扮したアニマル惑星の住人たちと賑やかなパフォーマンスを繰り広げた。

衣裳を身に着け、おなじみのキャラクターたちに扮したキャストたち。のび太役の小越勇輝は「劇場に入って衣裳をつけてメイクをして、照明や音響などいろいろなものに助けられて、キャラクターが濃くなってきてると感じてます。初日でどう届けられるか、どう受け入れてもらえるかドキドキワクワクです」と手応えを感じているよう。しずかちゃん役の樋口日奈も「私もしずかちゃんの髪型と衣裳になってすごくワクワク。周りもドラえもんの世界になっていてドキドキしかないので、お客さんにもドラえもんの世界を楽しんでもらえたらいいなと思います」と目を輝かせた。

ジャイアン役の皇希は「衣裳で一番テンション上がってるのは僕ら。精いっぱいのび太をいじめたいと思います(笑)」と冗談を交えて意気込むと、稽古場から独特な髪型の再現を気にかけていたスネ夫役の陳内将は、「皆さまお待たせいたしました」と見事につくり上げられた髪型を前から横からと自慢げに披露。「ヘアメイクさんが素晴らしいものをつくってくれたので、お客さまは見た目からは“スネ夫ワールド”、いや、ドラえもんワールドにすんなりと入ってこれると思うので(笑)、あとはもう僕たちが鴻上さんのもとで稽古してきたものを全力で出し切るだけ」と笑わせた。

のび太と冒険をともにする犬の少年チッポを担う佃井皆美は「パパ役の嶋村太一さんと一緒にいたら、“息子にしか思えない”というお言葉をいただけたのがすごくうれしかったです。それに、アニマル惑星のみんながすごいんです! 本当にたくさんの動物たちが出てくるので、その見た目だけでも楽しんでもらえるんじゃないかな」とうれしそうだった。

見どころを問われると佃井は「このメンバーで終盤に歌う〈美しい星〉という歌が大好き。お客さまに何か届けばという思いでやっています」とコメント。皇希は「その曲の前で、ずっとのび太のことを“のび太君”と呼んでいたチッポが、そこで“のび太さん”と呼ぶんです。そこに作品の深さとか一つのキャラクターの成長を感じます」と付け加えた。

陳内は「お客さまの目に映るものがすべてではあるんですが、裏側の導線がものすごくて、スタッフさんたちを目の当たりにして“演劇すげえ!”と思ったんです。そんなところから表に伝わるすべてじゃないでしょうか」とスタッフワークにも触れると、樋口は「子供が見ても大人が見ても、大事なメッセージが込められてるんですが、その一方でドラえもんの道具とか、私たちが夢を抱いた、夢がいっぱい詰まったシーンを注目して楽しみにしてください」とアピールした。

小越は「一番最後のチッポとの別れのシーン。のび太が、普段の日常からチッポやアニマル惑星の人たちに出会って、小学生ながらに成長していく姿を見せる、すごく暖かなシーンだと思うので、そこにちゃんと繋がるように冒頭から伝えていけたらと思います」と気を引き締めた。

魅力を一つひとつ伝えていくキャストたちに鴻上は「すごく真面目に役づくりに取り組んでくれた」と評価。「『ドラえもん』を舞台にするというと、よく分からない人は、悪く言えばデパートの屋上でやるようのなもののように思われたりするかもしれないけど、原作の持つドラマをちゃんと伝えようと、若い彼らが取り組んでくれたのでとても幸福だし、早くお客さんに見せたい」と信頼を寄せていた。

また、「ドラえもん」の魅力については鴻上は「藤子不二雄先生のおおらかさ。ドラえもんが誕生した瞬間は、おもちゃ会社とか代理店の意向とか経済的なものが絡んでいないところからスタートしてるので、ドラえもんの存在がすごくおおらかなんです。普段の稽古は集中していくものだけど、今回はどこかゆるくておおらかで、それは藤子不二雄先生の作家性のおおらかさなのかなと。観に来た人たちが一つ大きく幸せになって帰ることができるんじゃないかと思います」と力説した。

最後に小越は「今日から27公演、幸せなことにたくさん公演ができるし、各地を回ることができるので、一公演一公演を大切に、満足せずに最後まで求め続けながら、お客さんと一緒にドラえもんの舞台をつくり上げたい。最後までよろしくお願いします」とメッセージを送り会見を締めくくった。

東京公演は4月2日(日)まで。その後、福岡、愛知、宮城、大阪を巡るツアー公演が行われる。

この記事の写真

  • 『ドラえもん』開幕 1
  • 『ドラえもん』開幕 2
  • 『ドラえもん』開幕 3
  • 『ドラえもん』開幕 4
  • 『ドラえもん』開幕 5
  • 『ドラえもん』開幕 6
  • 『ドラえもん』開幕 7
  • 『ドラえもん』開幕 8
  • 『ドラえもん』開幕 9
  • 『ドラえもん』開幕 10
  • 『ドラえもん』開幕 11
  • 『ドラえもん』開幕 12
  • 『ドラえもん』開幕 13
  • 『ドラえもん』開幕 14
  • 『ドラえもん』開幕 15
  • 『ドラえもん』開幕 16 左から佃井皆美、皇希、樋口日奈、ドラえもん、小越勇輝、陳内将、鴻上尚史
  • 『ドラえもん』開幕 17
  • 『ドラえもん』開幕 18
  • 『ドラえもん』開幕 19
  • 『ドラえもん』開幕 20
  • 『ドラえもん』開幕 21
  • 『ドラえもん』開幕 22

インフォメーション

■福岡公演
2017年4月7日(金)〜9日(日)
・会場=キャナルシティ劇場

■愛知公演
2017年4月14日(金)〜16日(日)
・会場=刈谷市総合文化センター 大ホール

■宮城公演
2017年4月21日(金)〜23日(日)
・会場=多賀城市民会館

■大阪公演
2017年4月29日(土)・30日(日)
・会場=森ノ宮ピロティホール

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9156