遠藤憲一、松重豊らがアニメ「おそ松さん」の30年後を実写化!? ドラマ「バイプレイヤーズ」エイプリルフール企画のアザーカットが到着 - 2017年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「バイプレイヤーズ」「おそ松さん」エイプリルフールコラボ

▲ エイプリルフールコラボ企画

ギャラリーで見る(全2枚)


「バイプレイヤーズ」「おそ松さん」コラボステッカー

▲ コラボステッカー

画像を拡大

昨日4月1日(土)、テレビ東京の人気TVアニメ「おそ松さん」が、同局の人気ドラマ「バイプレイヤーズ」のキャストにより実写化されるというエイプリルフール1日限定の企画が実施。このウソコラボ企画のアザーカットが到着した。

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研と日本を代表する“名脇役(バイプレイヤーズ)”の6人が一つ屋根の下、強制的に共同生活を送るというドラマ「バイプレイヤーズ」。

“6人の成人男性が、ひとつ屋根の下暮らし”という共通点から「おそ松さん」と「バイプレイヤーズ」とのコラボポスターが話題を集めた。

今回は、そのコラボの第2弾としてエイプリルフールに実現。「おそ松さん」公式サイトでは、6つ子のイラストが、すべて「バイプレイヤーズ」キャストの写真に変更され、タイトルもドラマ24「おそ松さん〜もしも6つ子が、もっともっと大人になったら〜」に変更された。

バイプレイヤーズ6人それぞれの性格にちなみ、おそ松役に大杉漣、カラ松役に寺島進、チョロ松役に松重豊、一松役に遠藤憲一、十四松役に田口トモロヲ、トド松役に光石研が配役され、「おそ松さん」ならではの「シェー!」ポーズと、6つ子それぞれのキャラクターを演じるビジュアルが公開。そのほか、ドラマ「おそ松さん」のオリジナルCM風アニメやキャラクター紹介なども公式サイトにて1日限定で公開もされた。

このたび、4月1日に見逃してしまった方のために、「おそ松さん」公式サイトでは掲載することの出来なかった、ドラマ24「おそ松さん〜もしも6つ子が、もっともっと大人になったら〜」の貴重なアザーカットが到着。

6人が演じた、30年後も同じ屋根の下で暮らしているであろう、6つ子たちの姿は、大きなインパクトとを残すと同時に、ほっこりした気分にさせるものになっている。大杉漣は今回のコラボに「えっ、エイプリルフールって何!? おそ松さんの実写やんないの? マジ? だってやったんだよ、バイプレイヤーズ6人で久しぶりの“シェー”って!! テレ東さん、この貸しは必ず返してもらいますからね( ^ω^ )シェー!!!!」とやる気十分のコメントを寄せている。

さらに、6月21日(水)発売の、「バイプレイヤーズ」DVD&Blu-rayBOXの先着購入者スペシャルノベルティーに、「バイプレイヤーズ×おそ松さん」コラボステッカーが決定。両作品のファンはチェックしてみては。

なお、ドラマ「バイプレイヤーズ」は本日2日より、BSジャパンでの放送がスタートしている。

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9171