歌舞伎座『團菊祭五月大歌舞伎』に寺島しのぶ長男・眞秀君が初お目見得 - 2017年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『團菊祭五月大歌舞伎』会見 右から尾上菊五郎、寺嶋眞秀、尾上菊之助

▲ 右から尾上菊五郎、寺嶋眞秀、尾上菊之助


年明けから襲名や追善興行などがにぎにぎしく続く歌舞伎界。九代目市川團十郎、五代目尾上菊五郎を讃える毎年5月の歌舞伎座恒例『團菊祭五月大歌舞伎』では、初代坂東楽善、九代目坂東彦三郎、三代目坂東亀蔵の襲名披露が行われるほか、六代目坂東亀三郎が初舞台を踏む。

また、七世尾上梅幸二十三回忌、十七世市村羽左衛門十七回忌追善興行でもあり、梅幸ゆかりの『吉野山』静御前、『伽羅先代萩』乳人政岡を孫の尾上菊之助が勤める。さらに、昼の部『魚屋宗五郎』では尾上菊五郎の孫で寺島しのぶの長男・寺嶋眞秀(てらじま・まほろ)が、丁稚与吉役で初お目見得することも決定した。

このほど行われた取材会で母に手を引かれて登場した当年4歳の眞秀君は「寺嶋眞秀です。どうぞよろしくおねがいします!」と元気にごあいさつ。菊五郎は「当人が出たいというのでやらせてみる」と自然体の構えだが、好きな役者は「ひいま(菊五郎のこと)です」と答える孫に「近くにいるからってだけだろ?」と言いつつも相好を崩す。「本名の〈グナシア 寺嶋 眞秀〉を名乗らせたかったが長くてチラシに書けないと宣伝部に言われて諦めた」と笑わせた。

叔父にあたる菊之助も「とにかく芝居が好きで稽古も嫌がらない。自分から『舞台に立ちたい』と父(菊五郎)に言った気持ちを大事にしたい」と見守る。ちなみに眞秀くんの将来の夢は「仮面ライダー!」とのこと。寺島しのぶは「(将来は)彼の自主性に任せたい。花道を一人で出て引っ込まなければならないので顔見せとしてはハードルが高い役ですが、ケガなくやり切ってほしい」と母としての願いを込めた。

(取材・写真=市川安紀)

インフォメーション

『團菊祭五月大歌舞伎』

[昼の部]「梶原平三誉石切」「吉野山」「魚屋宗五郎」
坂東亀三郎改め坂東彦三郎/坂東亀蔵/尾上松緑/尾上菊之助/尾上右近/市川團蔵/坂東楽善/市川海老蔵/尾上菊五郎/中村時蔵/中村梅枝/寺嶋眞秀/河原崎権十郎/市村萬次郎/市川左團次

[夜の部]「壽曽我対面」「伽羅先代萩」「弥生の花浅草祭」
尾上菊五郎/坂東亀三郎改め坂東彦三郎/坂東亀蔵/尾上松也/中村梅枝/市村竹松/坂東亀三郎/河原崎権十郎/市村萬次郎/中村時蔵/坂東楽善/尾上菊之助/中村歌六/中村魁春/市川海老蔵/尾上松緑/中村梅玉

2017年5月3日(水・祝)〜5月27日(土)
・会場=歌舞伎座
・一般前売=4月12日(水)開始
・料金=全席指定1等席18,000円/2等席14,000円/3階A席6,000円/3階B席4,000円/1階桟敷席20,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9180