『美少女戦士セーラームーン』キャストが米ヒューストンでパフォーマンス披露 - 2017年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『美少女戦士セーラームーン』アメリカ 1

▲ パフォーマンス披露の様子

ギャラリーで見る(全3枚)


『美少女戦士セーラームーン』アメリカ 2

▲ セレモニーの様子

画像を拡大

このほかの写真も見る

ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』キャストたちが、現地時間7日、アメリカ・ヒューストンのイベント「Anime Matsuri 2017」でパフォーマンスを披露した。

約11万人キャパの会場が満員となった同イベント。特別招待枠として、野本ほたるらセラミュー戦士の9人とタキシード仮面役の大和悠河がステージに立った。ステージでは、レムレスに襲われるヒューストンの街にセーラー戦士たちが駆けつけるという、このイベントのためのオリジナルストーリーが展開。セーラー戦士たちは〈白月5人娘〉をはじめ全4曲を披露し、会場を大いに沸かせた。大和は「世界中からたくさんの人にお集まりいただき、ありがとうございます! このひとときが皆さまの心の中で、永遠に輝くすてきな時間になりますように!!」とメッセージを送った。

さらに、世界中のファンを魅了するコンテンツとして「美少女戦士セーラームーン」を高く評価し、当日の4月7日を「セーラームーンデー」としてヒューストン市が正式に認定。そのセレモニーが行われると、会場は大きな盛り上がりを見せた。ラストには〈ムーンライト伝説〉が流れると、会場全体から熱狂的な大歓声が起こった。

また、今回のステージで、今秋上演の新作公演のタイトルが『ミュージカル『美少女戦士セーラームーン−Le Mouvement Final(ル ムヴマン フィナール)』に決定したことも発表に。フランス語で“最終楽章”を意味する今回の副題。原作第5期に準拠した公演になるとのことだ。2013年から紡がれたセーラー戦士たちの物語の結末をファンは見届けよう。

同じ記事の写真

  • 『美少女戦士セーラームーン』アメリカ 1
  • 『美少女戦士セーラームーン』アメリカ 2
  • ミュージカル『美少女戦士セーラームーン−Le Mouvement Final』ロゴ

インフォメーション

ミュージカル『美少女戦士セーラームーン−Le Mouvement Final(ル ムヴマン フィナール)』

【キャスト】野本ほたる(セーラームーン/月野うさぎ)/竹内夢(セーラーマーキュリー/水野亜美)/小林かれん(セーラーマーズ/火野レイ)/楓(セーラージュピター/木野まこと)/長谷川里桃(セーラーヴィーナス/愛野美奈子)/汐月しゅう(セーラーウラヌス/天王はるか)/藤岡沙也香(セーラーネプチューン/海王みちる)/石井美絵子(セーラープルート/冥王せつな)/未来(セーラーサターン/土萠ほたる)/神田愛莉(セーラーちびムーン/ちびうさ)/大和悠河(タキシード仮面/地場衛) ほか

2017年秋
・会場=AiiA 2.5 Theater Tokyo ほか

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9193