山崎樹範、オークラの新作コメディーは「嫌なことを忘れる“90分間の痛み止め”」 崩壊シリーズ『リメンバーミー』が開幕 - 2017年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『リメンバーミー』開幕 1

▲ 左から、彩吹真央、山崎樹範、上地春奈

ギャラリーで見る(全17枚)


『リメンバーミー』開幕 17 後列左から、伊藤裕一、上地春奈、味方良介、大水洋介、前列左から、松下洸平、彩吹真央、山崎樹範、梶原善、オークラ

▲ 後列左から、伊藤裕一、上地春奈、味方良介、大水洋介、前列左から、松下洸平、彩吹真央、山崎樹範、梶原善、オークラ

画像を拡大

このほかの写真も見る

バナナマンや東京03などの人気芸人のコントや「ゴッドタン」「ウレロ☆シリーズ」といった人気番組を手掛ける構成作家・オークラによる舞台「崩壊シリーズ」の第2弾公演『リメンバーミー』が、13日に俳優座劇場で開幕。その初日公演に先立って公開舞台稽古が行われた。

前作『九条丸家の殺人事件』は、ローレンス・オリヴィエ賞で最優秀コメディー賞を受賞した海外戯曲を日本に置き換えた作品だったが、今回は、オークラが続編となる新作を書き上げた。登場人物は、前作で“史上最低の公演”を繰り広げてしまった劇団「荻窪遊々演劇社」の素人集団が再集結。座長・栗須が、恋人の舞台監督・杏里との結婚を父親に認めてもらうために、涙の感動作を仕立て上げようとするのだが……。あの手この手のさまざまな仕掛けをたっぷり盛り込みながら、笑いにいろどられたノンストップのドタバタコメディーがにぎやかに展開される。

開幕を前にしたキャストとオークラのコメントは以下の通り。

■山崎樹範
近年まれに見るくらいの中身のない芝居でして(笑)、本当にこれといったメッセージもなく、ライトな気持ちで見てもらえると思います。皆さんにも悩みがあったり、最近はシリアにアメリカが攻撃したりとか、いろいろと大変なことがある中、この舞台の間は嫌なことととか、思い悩んでいることを忘れてもらえる時間にしたいと思います。根本的な解決はわれわれにはできないんですけど、“90分間の痛み止め”だと思っていただけたら幸いです。

■松下洸平
やましげ(山崎樹範)さんから昨日“コメディー二枚目”という称号をいただきました。前回が楽しかったので、今回もこうして同じメンバーと、初参加の味方良介君と一緒につくれるのを楽しみにしてきました。稽古は本当に大変で、前作を上回るくらいに、僕らは笑いとセットの仕掛けに翻弄されますが、やましげさんがおっしゃった通り、ただただ笑っていただくだけの演目になってるので存分に楽しんでください。

■味方良介
僕は唯一の初参加で、稽古場初日から「すげぇところに来てしまったな」と思っていましたが、素晴らしいスタッフ・キャスト・制作陣の力によりここまで来れたなと思っています。まだまだ先は長いですが、楽しんでいきたいと思います。

■上地春奈
私は「荻窪遊遊演劇舎」の舞台監督の役で、栗須さんと恋仲というスケベな関係です(笑)。何も考えずに観られる舞台になってまして、どこまでが計算で、どこまでが計算じゃないか、というくらいに見えますが、全部計算ですのでヒヤヒヤせずに、心を広く笑うときには思い切り笑って楽しんでください。

■大水洋介(ラバーガール)
昨年も非常に楽しくやらせてもらったのですが、皆さんとってもお酒が好きなメンバーで、たくさん飲みまして。今年は初日の顔合わせで「お酒を飲み過ぎて身体を壊さないように気をつけましょう」と言ったのですが、僕がいきなりお酒を飲み過ぎて、お腹を壊して稽古を休むという……、失態を犯しまして(一同笑)。さすがに本番を休むとすげぇ怒られちゃうと思うので、それは気をつけてほどほどに楽しいお酒を飲みつつ、楽しい舞台をやれたらいいと思います。

■伊藤裕一
僕の役・鳥場(とりば)は上地春奈さんと同じスタッフで、音響と照明の役なんですが、ちょっとおっちょこちょいで、前回はたくさんミスをして劇団に迷惑をかけてしまいました。今回の鳥場はかなり集中力が付いていて成長した姿が見せられるのではと自負しております(笑)。僕もこの1年間これに出るために頑張ってきましたし鳥場も僕も成長した姿を見せられたらと思います。

■彩吹真央
前回は原作がある作品をオークラさんが日本版にしたのですが、本当に原作があったのかというくらいに“オークラさんワールド”になっていきました。今回は100%オークラさんのオリジナル。皆さんとの再会も、味方君“ミカティー”との初共演も楽しみにしてきました(笑)。前回は座長と杏里さんのスケベな関係の間に入ってしまう(笑)、浮気相手という立場で、幕切れは私がフラれるという苦い思い出で終わったんですが、今回は杏里さんと友達関係で友達の笑顔を見るために頑張るという役です。90分間悩みごとを忘れて腹筋を鍛えに来てください(笑)。

■梶原善
まずは自分が一番楽しむ、その楽しむ姿を見て共演者が一緒に楽しむ。そしてそれを観てる人がもっと楽しむ。それが私の意気込みです。ぶっちゃけ、これからぶっつけ本番の要素が多々あるので、その辺何卒よろしくお願いします(一同笑)。正直、こんなところでペラペラしゃべってる場合じゃないんです、胸がもうドキドキドキドキしてるわけです。なんてスケジュールなんだ!(一同笑) そんなことも置いといて僕は楽しんでやりたいと思います。

■オークラ
皆さんおっしゃる通り、内容は一切ありません。それを理解した上で、このカンパニーの皆さんは、疑問に思わず素晴らしいアイデアやアドリブをカマしてくれて、いろいろ面白くなったと思います。味方君だけそれがちょっと分かってなかったみたいで終始、首をかしげてましたが(一同笑)。やましげさんが、結婚したので、なんとなくそのお祝い的なのを勝手にちょっとやった感じな作品なので、マスコミの皆さんは昨今の不倫問題も絡めて……(笑)(山崎「僕は不倫しません!」と宣言)、いい感じで書いてもらえるとうれしいです(笑)。

東京公演は30日(日)まで。その後、大阪、愛知、福岡を巡るツアー公演が行われる。

この記事の写真

  • 『リメンバーミー』開幕 1
  • 『リメンバーミー』開幕 2
  • 『リメンバーミー』開幕 3
  • 『リメンバーミー』開幕 4
  • 『リメンバーミー』開幕 5
  • 『リメンバーミー』開幕 6
  • 『リメンバーミー』開幕 7
  • 『リメンバーミー』開幕 8
  • 『リメンバーミー』開幕 9
  • 『リメンバーミー』開幕 10
  • 『リメンバーミー』開幕 11
  • 『リメンバーミー』開幕 12
  • 『リメンバーミー』開幕 13
  • 『リメンバーミー』開幕 14
  • 『リメンバーミー』開幕 15
  • 『リメンバーミー』開幕 16
  • 『リメンバーミー』開幕 17 後列左から、伊藤裕一、上地春奈、味方良介、大水洋介、前列左から、松下洸平、彩吹真央、山崎樹範、梶原善、オークラ

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9202