松竹×サンリオによる歌舞伎PRキャラクター「かぶきにゃんたろう」が誕生 - 2017年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

かぶきにゃんたろう 2

画像を拡大

松竹株式会社と株式会社サンリオは、歌舞伎の魅力をより幅広い層へ伝えていくためのオリジナルキャラクター「かぶきにゃんたろう」を共同開発した。

歌舞伎衣裳のたすきのような首輪を付けたかぶきにゃんたろうは、とても珍しく幸運を呼ぶとも言われるオスの三毛猫。歌舞伎座の楽屋や稽古場にひょっこりと現れ、役者やスタッフに親しまれているというキャラクターだ。

デザインはサンリオの人気キャラクター「シナモロール」「ウィッシュミーメル」を手掛けたサンリオのデザイナー・奥村心雪が担当。今後、松竹発のオリジナルキャラクターとして、歌舞伎関係のPR・販促活動に幅広く活用される。

4月29日(土・祝)・30日(日)に幕張メッセ国際展示場にて開催される「ニコニコ超会議2017」の松竹出展ブース「超松竹NEO花街」にてキャラクターデザインがお披露目される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9217