ピンパーネル団再び参上 石丸幹二&安蘭けい出演『スカーレット・ピンパーネル』が再演決定 - 2017年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

石丸幹二&安蘭けいの主演で昨年秋に上演されたミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』が再演。11・12月に大阪と東京で上演される。

本作は、イギリスの人気小説・戯曲をもとに、フランク・ワイルドホーンの音楽により、1997年にブロードウェイで初演されたミュージカル。フランス革命以降、貴族たちが次々と処刑される恐怖政治が続くヨーロッパを舞台に、無実の人びとを救う秘密結社「スカーレット・ピンパーネル」を立ち上げたイギリス貴族パーシーと、彼の妻で元女優のマルグリット、そして、「スカーレット〜」の壊滅をもくろむショーヴランたちのドラマが描かれる。

日本では、小池修一郎の演出と安蘭主演で宝塚歌劇団星組により2008年に初演され好評を博し、同歌劇団の人気演目の一つとなった本作。昨年の石丸主演版では、宝塚版でパーシー役を演じた安蘭が妻マルグリット役を演じたほか、ワイルドホーンが書き下ろしの新曲が加えられたことでも話題となった。

このたび、『Color of Life』などで注目を集める演出家・石丸さち子が参加しての再演が決定。パーシー役の石丸、マルグリット役の安蘭とともに、ショーヴラン役を石井一孝が演じる。

そのほか、革命指導者ロベスピエールとイギリス皇太子プリンス・オブ・ウェールズの二役を演じる上原理生をはじめ、ピンパーネル団の一員デュハーストに泉見洋平、同じくピンパーネル団の一員でマルグリットの弟アルマンに松下洸平が出演。さらに、久保貫太郎、久保田秀敏、多和田秀弥、東啓介、藤田玲、則松亜海と多彩なメンバーが集結する。

■石丸幹二
愛と勇気の冒険活劇『スカーレット・ピンパーネル』に、再び向き合います。音楽もストーリーもダイナミックな、まさに王道をゆくミュージカル。演じる者にとって難易度が高い作品ですが、だからこそ見応えは抜群です! 友愛、夫婦愛を胸に、信念を曲げることなく正義を貫くことの大切さ。今の時代だからこそ余計、心に響くかと思います。劇場でぜひ!

インフォメーション

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』

【スタッフ】原作=バロネス・オルツィ 脚本・作詞=ナン・ナイトン 作曲=フランク・ワイルドホーン 編曲=キム・シェーンベルグ 訳詞・翻訳・潤色=木内宏昌 潤色・演出=ガブリエル・バリー 演出=石丸さち子
【キャスト】石丸幹二/安蘭けい/石井一孝/上原理生/泉見洋平/松下洸平/久保貫太郎/久保田秀敏/多和田秀弥/東啓介/藤田玲/則松亜海 ほか

■大阪公演
2017年11月中旬
・会場=梅田芸術劇場メインホール

■東京公演
2017年11月下旬〜12月上旬
・会場=TBS赤坂ACTシアター

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9231