中村獅童が初期の肺腺がんを公表 6・7月は休演 - 2017年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

歌舞伎俳優の中村獅童が、初期の肺腺がんであることを公表。6月の博多座、7月の歌舞伎座公演を休演することとなった。

獅童は、毎年、定期的に受けている人間ドックでがんが見つかったことを報告。「今見つかったのが奇跡的と言われる程の早期発見で、この状況ですぐに手術をすれば完治するとの担当医師からのお言葉」と説明している。

また、「病に打ち克ち、必ず元気になって今まで以上に良い舞台が勤められますよう、より一層精進いたし、また皆さまにお目にかかりたいと思っております」とメッセージを送っている。

博多座『六月博多座大歌舞伎』では、昼の部『菅原伝授手習鑑 車引』の松王丸を中村芝翫、夜の部『信州川中島合戦 輝虎配膳』の直江山城守を中村鴈治郎、『幸助餅』雷五良吉を中村亀鶴が勤める。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9258