菅田将暉&ヤン・イクチュン主演で寺山修司「あゝ、荒野」が映画化 - 2017年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

映画「あゝ、荒野」菅田将暉(左)とヤン・イクチュン

▲ 菅田将暉(左)とヤン・イクチュン

画像を拡大

このほかの写真も見る

寺山修司の長編小説を菅田将暉&ヤン・イクチュンのW主演で映画化。映画「あゝ、荒野」が10月に公開される。

原作は、寺山が唯一残した長編小説。行き場のないエネルギーを抱えた不良少年・新次と、吃音と赤面対人恐怖症に悩む”バリカン”こと健二の二人が、もがきながらもボクシングを通して心の空白を埋めようとする姿と、彼らを取り巻く人間模様を描いたものだ。2011年には蜷川幸雄演出、松本潤&小出恵介出演で舞台かもされた本作が新たに映画化。今回は、2020年東京オリンピック後の新宿という近未来に舞台を置き換え、現代に訴えるキーワードを取り入れて再構築する。

監督は映画「二重生活」で好評を博した岸善幸。新次とバリカンをそれぞれ演じる菅田&イクチュンのほか、彼らの人生を一転させるキーマンであるボクシングジムトレーナーの通称“片目”こと堀口役にユースケ・サンタマリア、ヒロイン芳子役にオーディションで抜てきされた木下あかり、新次の宿命のライバル裕二役に山田裕貴、新次の母親・京子役に木村多江、闇の研究会メンバー恵子役に今野杏南が参加するほか、でんでん、モロ師岡、高橋和也といったメンバーが脇を固める

またメインビジュアルは、生前の寺山とも親交のあった写真家・森山大道が手掛け、主題歌は「BRAHMAN」が書き下ろす。

インフォメーション


映画「あゝ、荒野」

【スタッフ】原作=寺山修司「あゝ、荒野」(角川文庫) 監督=岸善幸 脚本=港岳彦/岸善幸 音楽=岩代太郎
【キャスト】菅田将暉/ヤン・イクチュン/木下あかり/モロ師岡/高橋和也/今野杏南/山田裕貴/でんでん/木村多江/ユースケ・サンタマリア

2017年10月7日(土)前篇・10月21日(土)後篇 全国順次公開
・制作 配給=スターサンズ

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9266