久保田秀敏が“ラスト八雲”に挑む シリーズ最終章『心霊探偵八雲 裁きの塔』開幕 - 2017年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

神永学の人気小説を舞台化した『心霊探偵八雲 裁きの塔』が、本日31日に、品川プリンスホテルクラブeXにて開幕した。

赤い左眼を持ち、死者の魂を見ることのできる斉藤八雲が、その特異な体質で謎に満ちた怪事件に次々と挑む本シリーズ。漫画やドラマCD、TVアニメなどへも展開する人気作だ。舞台版は、外伝シリーズである「ANOTHER FILES」から「いつわりの樹」が2013年に初演。第2弾「祈りの柩」(2015年)に続く今回「裁きの塔」で、舞台版シリーズの最終章を送る。

今回は、これまで八雲とともに事件解決に奔走した晴香が、まさかの殺人容疑で逮捕されるという衝撃の内容が見どころ。複雑に絡み合う因縁、水面下で渦巻く嫉妬と恨みに巻き込まれ、捕われた晴香を八雲は解き放てるのか? 事件の鍵を握るのは一体誰なのか? そして、裁かれるべき者は誰なのか……? 原作者・神永自身がシナリオを手掛け、重厚かつ濃密な心理表現を描くミステリー会話劇を、個性豊かな出演者たちが紡ぐ。過去2作品で八雲を演じてきた久保田秀敏の“ラスト八雲”の活躍を見届けよう。

開幕を前にしたキャスト・スタッフのコメントは以下の通り。

■久保田秀敏 斉藤八雲役
八雲を演じ、本公演を成功させるためには、皆をどう見せていけるかが重要だと思っております。3作目の今回も、皆の想い、葛藤、そして、歪んだ過去を推理で導き出し、明快に繋いでいく役割を果たしたいと思っています。その中で僕が一番重要視しているのは、ずっと一緒に色々な事件を解決してきた晴香との繋がりで、今までの作品以上に深く見せていきたいと思います。集大成となる「裁きの塔」で、八雲の生きざま、晴香への想い、そして、後藤、石井、真琴……、すべてのキャストの人間ドラマを、舞台上に上手く描き出せたらと思います。最後の八雲、頑張ります。

■美山加恋 小沢晴香役
ANOTHER FILESシリーズ第3作目の“ラスト八雲”がついに始まりました。今回は八雲君の感情が動くところが見どころなので、そこを存分にお客さまに味わっていただきたいと思います。晴香がどれだけ八雲くんの中で大きい存在かということを、前半部分でお客さまにお伝えできるかどうかが勝負どころだと思うので、絡みの部分でいつもとは違う八雲君の反応を引き出したいです。小沢晴香として八雲君と一緒にすてきな作品にできるよう頑張りますので、ぜひ観にいらしてください。

■東地宏樹 後藤和利役
“ラスト八雲”となる今回の「裁きの塔」は、“信じる”ということがテーマです。劇場に入って舞台装置を見たらさらに熱が上がりまして、今まで稽古場でやってきたこと、芝居、脚本と、この装置と音や明りとが上手く合わさったら、とてもすてきなものになると思いました。今回も、僕と石井との堅苦しくないシーンをつくってもらっているので、そういうところではぜひ笑っていただきたいですし、あとはしっかりとしたお話が出来ていますので、2時間、集中してみていただければうれしいです。

■佐野大樹 石井雄太郎役
『心霊探偵八雲 裁きの塔』は舞台化シリーズの最終章となります。僕は初演から10年間八雲に出演してきましたが、やはり今回は特別感があり、役者同士のみならず、全スタッフさんの技術と想いが相まって、すべての歯車が噛み合い、まさに最終章にふさわしい作品に仕上がったと思います。ラスト八雲「裁きの塔」まずは一度観に来ていただきたく、役者一同皆さまのお越しをお待ちしております。ぜひ劇場へ足をお運びください!

■伊藤マサミ(演出)
『心霊探偵八雲』の演出をさせていただくのは3回目になりますが、毎回1回目だと思ってチャレンジしています。今回も、新しいこともやりながら、『八雲』の普遍的な面白さを伝えるべく、とにかく熱いステージをつくりたいという想いで手掛けさせていただきました。これまでの作品のなかで最も急展開、ハイスピード感を意識しましたので、見れば見るほど先が気になるつくりになっています。また、円形のステージを活用して、ある一定の席でしか見られない表情、ある一定の席でしか聞こえない音もたくさん散りばめましたので、どの席に座っても楽しめると思いますし、何度も観たいと思っていただけると思います。舞台版は今回で最終章ですけれども、今後もずっと“八雲”のキャラクターは皆さんの中に生き続けると思いますので、その想いをこの「裁きの塔」から引き継いでいっていただければ幸いです。

■神永学(原作・脚本)
舞台版『心霊探偵八雲』最終章となる「裁きの塔」がいよいよ開演します。本作は、信頼をテーマに描いています。登場人物たちそれぞれが信じる−−、ということについて葛藤を繰り広げていきます。思えば、舞台も信頼によってつくり上げられるものです。キャスト・スタッフの信頼の結晶である本作品を、ぜひ劇場でご覧ください。

この記事の写真

  • 『『心霊探偵八雲 裁きの塔』開幕 1
  • 『心霊探偵八雲 裁きの塔』開幕 2
  • 『心霊探偵八雲 裁きの塔』開幕 3
  • 『心霊探偵八雲 裁きの塔』開幕 4
  • 『心霊探偵八雲 裁きの塔』開幕 5

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9286