浅田舞が『煉獄に笑う』に出演決定 - 2017年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『煉獄に笑う』浅田舞

▲ 浅田舞

画像を拡大

唐々煙(からからけむり)の人気漫画を、鈴木拡樹主演×西田大輔脚本・演出で舞台化する『煉獄に笑う』。本作のシークレットキャストとして、フィギュアスケーターの浅田舞が出演する。

浅田が演じるのは遊女であり情報屋の弓月。肉体美もあらわな妖艶なビジュアルも解禁となっている。浅田は、池谷直樹が主宰するパフォーマンス集団「サムライ・ロック・オーケストラ」での舞台経験はあるが、セリフのある役で出演するのはこれが初めて。「初のセリフありの舞台で、今からドキドキですし、ほかのキャストの皆さんにご迷惑をかけないよう、頑張ります! また、原作がコミックで、その中の役を演じるのも初めてのことなので、良く作品を理解し、自分なりの弓月をつくり上げられればと思っています」と意気込んでいる。

また、前売の完売続出につき、追加公演も決まった。詳細は公式サイトを参照。

本作は、アニメ化・舞台化でも好評を博した「曇天に笑う」から300年の時を遡った戦国乱世が舞台。日ノ本(ひのもと)最大の湖・琵琶湖によみがえると言われる伝説の化物「大蛇(おろち)」をめぐるファンタジー・アクションが描かれる。

この記事の写真

  • 『煉獄に笑う』浅田舞
  • 『煉獄に笑う』浅田舞 2
  • 『煉獄に笑う』ビジュアル

インフォメーション

舞台『煉獄に笑う』

【スタッフ】原作=「煉獄に笑う」唐々煙(掲載「月刊 コミック ガーデン」/WEBコミック「MAGCOMI」) 脚本・演出=西田大輔
【キャスト】鈴木拡樹/崎山つばさ/前島亜美/小野健斗/納谷健/碕理人/林田航平/釣本南/山下聖菜/村田洋二郎/平塚真介/東慶介/中村誠治郎/浅田舞/吉野圭吾、角川裕明(Wキャスト) ほか

■東京公演
2017年8月24日(木)〜9月3日(日)
・会場=サンシャイン劇場

■大阪公演
2017年9月9日(土)〜10日(日)
・会場=森ノ宮ピロティホール

各公演とも
・料金=全席指定8,900円
*先行特典(非売品キャストポストカード1種)付は9,400円

*記事中、百地吾衛門の吾は正しくは「さんずいに吾」

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9288