人気漫画「北斗の拳」が初の舞台化 ただし主役はザコ - 2017年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります



武論尊原作・原哲夫漫画の人気作「北斗の拳」が初の舞台化。舞台『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』が、9月にシアターGロッソにて上演される。

1980年代の集英社「週刊少年ジャンプ」黄金期に一世を風靡した「北斗の拳」。核戦争により文明社会が失われ暴力が支配する世紀末の舞台に、一子相伝の暗殺拳・北斗神拳伝承者のケンシロウが、ラオウたち数々の強敵たちとの戦いを通して、愛と哀しみを背負い救世主として成長していく姿が描かれる。

来年35周年を迎える本作が、このたび初舞台化。ただし、タイトルにある通り、主役はケンシロウではなく、彼に倒される名もなき“ザコキャラ”たちだ。川尻恵太(SUGARBOY)の脚本と、村井雄(KPR/開幕ペナントレース)の演出により、壮絶な“死にざま”が深く印象に残るザコたちの“生きざま”を描く「ザコの、ザコによる、ザコのための、ザコだけの舞台」になるという。

キャストにそろうのは、磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、花園直道、林野健志、水希蒼(A応P)と多彩なメンバー。今後も追加キャスト、チケット情報が、随時公式サイト、公式Twitterにて発表される。

この記事の写真

  • 『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』ロゴ
  • 磯貝龍虎
  • 河合龍之介
  • 寿里
  • 花園直道
  • 林野健志
  • 水希蒼(A応P)
  • A応P

インフォメーション

『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』

【スタッフ】原作=「北斗の拳」(原作=武論尊 漫画=原哲夫) 脚本=川尻恵太(SUGARBOY) 演出=村井雄(KPR/開幕ペナントレース)
【キャスト】磯貝龍虎/河合龍之介/寿里/花園直道/林野健志/水希蒼(A応P) ほか(五十音順)
声の出演=千葉繁
OPENING LIVE=《愛をとりもどせ》クリスタルキング with A応P

2017年9月6日(水)〜10日(日)
・会場=シアターGロッソ
・一般前売=7月5日(水)開始
・料金=全席指定 ザコシート6,999円/世紀末シート9,999円(前方エリア+特典「北斗の拳 ザコ手ぬぐい」付)/リングサイドシート19,999(ステージエリアの一部を客席として開放した特別シート。特典「北斗の拳ザコお面」「北斗の拳ザコTシャツ」「キャスト集合2Lブロマイド」付)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9291