世田谷パブリックシアター・野村萬斎『MANSAI◎解体新書』で三浦佑之&こうの史代を迎えて「古事記」を紐解く - 2017年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『MANSAI解体新書』左から、野村萬斎、三浦佑之、こうの史代

▲ 左から、野村萬斎、三浦佑之、こうの史代


世田谷パブリックシアター芸術監督・野村萬斎がホスト役を務めるトーク&パフォーマンス『MANSAI◎解体新書』シリーズ。8月23日(水)に行われる第27弾では、学者・三浦佑之と漫画家・こうの史代をゲストに迎えて「古事記」をテーマに送る。

現代芸術の世界を構成しているさまざまな分野、要素をパーツに分け解体しながら、それぞれの成り立ちと根拠をあらためて問い直す同シリーズ。毎回多彩なゲストを招いて、互いの専門分野を駆使しながら、共通する必要不可欠な“表現の本質”を探っていく。

第27弾となる今回のテーマは、2012年の記念事業「編纂1300年」のころからブームが再熱している「古事記」。“わかりやすく楽しい古事記”が求められ、さまざまな著作や企画が展開されている「古事記」だが、今回は特に“演劇的”に解析し、萬斎による将来的な作品化を見据えつつ、紐解いてくという。

ゲストの三浦佑之は、「古事記」研究の第一人者であり、今日の古事記ブームを牽引してきた存在。「古事記」の世界を、優しく分かりやすく語る。また、こうの史代は、昨年、大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」の原作でも広く知られているが、今回はあえてそのヒット作には触れず、こうのが精魂を傾け、すべてボールペンで描きあげた「ぼおるぺん古事記」を自ら解析するとのことだ。

インフォメーション

世田谷パブリックシアター芸術監督・野村萬斎プロデュース企画
『MANSAI◎解体新書 その弐拾七』
「古事記」〜神々のマジカルミステリーツアー〜

【キャスト】野村萬斎/三浦佑之/こうの史代

2017年8月23日(水)
・会場=世田谷パブリックシアター
・一般前売=7月16日(日)開始
・料金=全席指定4,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9313