ミュージカル『黒執事』豪華客船編 セバス&シエルは古川雄大&内川蓮生が続投 - 2017年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

今冬上演されるミュージカル『黒執事−Tango on the Campania−』のセバスチャン&シエルコンビが、前作に引き続き、古川雄大&内川蓮生に決定。本公演の第1弾ビジュアルが到着した。

19世紀後半、ヴィクトリア朝時代の英国を舞台に、名門貴族ファントムハイヴ家の若き当主シエル・ファントムハイヴと、彼の執事、セバスチャン・ミカエリスが、女王の命を受け“裏”の仕事を請け負い活躍する姿を描く本作。舞台版は、2009年の第1弾から上演を重ね、ファンからは“生執事”と呼ばれる人気シリーズだ。

今回は、演出には児玉明子を迎えて「豪華客船編」を舞台化する新作を上演。セバスチャンには古川、シエルには内川と、前作「サーカス編(NOAH’S ARK CIRCUS)」の二人が再びタッグを組む。

■古川雄大 セバスチャン・ミカエリス役
セバスチャン・ミカエリス役をやらせていただきます、古川雄大です。前回に続き出演させていただけてとても幸せな気持ちです。『黒執事』は作品の素晴らしさ、魅力溢れるキャラクター、引き込まれるストーリー、魅力がたくさん詰まっています。原作・アニメの人気もあり前回、前々回と劇場で公演を行うたびにその作品のパワーを強く感じていました。
今回は「豪華客船編」ということで原作の中でも特に盛り上がりがあるストーリーなので、「サーカス編」に続きお客さまの期待値も高まっていると思います。しっかりと期待に応えられる作品になるように務めていきたいと思っていますので、ぜひご期待ください。そして、ミュージカル『黒執事』ならではの魅力をお伝えできるよう精進していきます。皆さま、応援よろしくお願いします。

■内川蓮生 シエル・ファントムハイヴ役
前作が終わった時に、もしも次回作があるとしたら、またセバスチャンの隣に立つことができたらどんなに幸せだろうと思いました。新作「豪華客船編」で、またシエルを演じることができると聞いた時、あまりのうれしさにベットの上でジャンプをしてしまいました。うれしさだけではなく、いろいろな気持ちがありますが、楽しみにしてくださっている黒執事ファンの皆さまの“シエル”を裏切らないよう、もう一度丁寧に演じたいと思っています。また古川さんの隣にシエルとして立てることが、すごくうれしいです。「豪華客船編」どうぞ楽しみにしていてください!

同じ記事の写真

  • 『黒執事−Tango on the Campania−』ビジュアル
  • 『黒執事−Tango on the Campania−』古川雄大
  • 『黒執事−Tango on the Campania−』内川蓮生

インフォメーション

ミュージカル『黒執事−Tango on the Campania−』

【スタッフ】原作=枢やな(掲載「月刊Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊) 脚本=Two hats Ltd. 演出=児玉明子
【キャスト】古川雄大/内川蓮生 ほか

■東京公演
2017年12月31日(日)〜2018年1月14日(日)
・会場=TBS赤坂ACTシアター
・一般前売=10月1日(日)開始
・料金=全席指定S席9,000円/A席5,000円

■兵庫公演
2018年1月19日(金)〜22日(月)
・会場=神戸国際会館こくさいホール
・一般前売=10月1日(日)開始
・料金=全席指定S席9,000円/A席5,000円

■愛知公演
2018年1月26日(金)〜28日(日)
・会場=江南市民文化会館
・一般前売=10月1日(日)開始
・料金=全席指定S席8,800円/A席6,800円

■石川公演
2018年2月3日(土)・4日(日)
・会場=本多の森ホール
・一般前売=10月1日(日)開始
・料金=全席指定S席8,800円/A席6,800円

■福岡公演
2018年2月10日(土)〜12日(月・祝)
・会場=久留米シティプラザ ザ・グランドホール

© 2017 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9319