佐々木蔵之介主演×シルヴィウ・プルカレーテ演出『リチャード三世』が上演 - 2017年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
佐々木蔵之介『リチャード三世』

▲ 佐々木蔵之介

ギャラリーで見る(全1枚)


ルーマニアの鬼才シルヴィウ・プルカレーテの演出と、佐々木蔵之介の主演で送る『リチャード三世』が、今秋、東京芸術劇場 プレイハウスほかにて上演される。

『ルル』『ガリバー旅行記』『オイディプス』と過去3作品の東京芸術劇場来日公演で好評を博してきたシルヴィウが、初めて日本人キャストへの演出を手掛ける今回。プルカレーテの上演台本と大胆な解釈によりつくり上げられる、全く新しい『リチャード三世』になるという。また、演出補として谷賢一も参加する。

佐々木のほかキャストには、アン役を担う手塚とおるをはじめ、今井朋彦、植本純米(植本潤 改メ )、長谷川朝晴、山中崇、壤晴彦ら個性豊かなメンバーが集結。男女含めて膨大なキャラクターを彼ら15名のみで演じ分ける。さらに、渡辺美佐子が、シルヴィウから特別な役を託されて出演する。

インフォメーション

『リチャード三世』

【スタッフ】作=W.シェイクスピア 演出・上演台本=シルヴィウ・プルカレーテ 演出補=谷賢一 翻訳=木下順二
【キャスト】佐々木蔵之介/手塚とおる 今井朋彦 植本純米(植本潤改メ)/長谷川朝晴/山中崇/山口馬木也/河内大和/土屋佑壱/浜田学/櫻井章喜/八十田勇一/阿南健治/有薗芳記/壤晴彦/渡辺美佐子

■東京公演
2017年10月18日(水)〜30日(月)
*プレビュー公演:10月17日(火)
・会場=東京芸術劇場 プレイハウス
・一般前売=7月15日(土)開始
・料金=全席指定S席8,500円/A席6,500円/サイドシート5,000円/65歳以上(S席)8,000円/25歳以下サイドシート3,000円/高校生以下1,000 円(対象日限定)

*プレビュー公演は各500円引き

大阪、岩手、愛知でのツアー公演を予定。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9338