新劇場オルタナティブシアターが明日オープン こけら落としはノンストップ&ハイスピードなアクションステージ『アラタ』 - 2017年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『アラタ』開幕 6

▲ 公開舞台稽古の様子

画像を拡大

『アラタ』開幕 12

▲ 左から、田沼和俊(スタジオアルタ代表取締役社長)、岡村俊一、石川雅己(千代田区長)、三浦哲裕(ルミネ常務取締役・有楽町店長)、横内謙介

画像を拡大

このほかの写真も見る

株式会社スタジオアルタが、インバウンド向けのエンターテイメント劇場「オルタナティブシアター」を開設。明日7日(金)のオープンに先立ち、こけら落とし公演である、サムライ・エンターテインメント『アラタ〜ALATA〜』の公開舞台稽古が行われた。

同劇場は、国内外の観客が楽しめるよう、言葉にとらわれないノンバーバル(非言語)・パフォーマンスを上演する常設劇場。『アラタ』は、作・横内謙介&演出・岡村俊一タッグを軸に、サムライアクション・ディレクターの早乙女友貴、ダンスクリエーターのElina、音楽制作のMiliなど、若手クリエーターたちが集結しつくり上げた、新たなエンターテインメントステージだ。

『アラタ』は、悪霊との戦いの末、戦国時代から2020年の東京へとタイムスリップしてしまった武将アラタと、現代の東京で閉塞感や孤独感を抱えながらも日々を送る女性こころが出会い、東京の街を奔走するというストーリー。エモーショナルなダンスと変幻自在の殺陣が、約70分間にわたりノンストップ&ハイスピードで繰り広げられる、熱量たっぷりのパフォーマンスに仕上がっている。

この日は、客席に海外からの観客も入れての稽古が実施。稽古を終えて、岡村は「海外の観客にも確実に分かってもらえたかと。いろいろな意味のある日本のエンターテインメントであると届いたと思います」と手応えを感じている様子だ。

同劇場は、躍動するパフォーマーとともに、舞台上では、プロジェクション・マッピング、天井にも仕込まれたLEDパネル、フライングといったさまざまなギミックも展開されるのも大きな見どころ。初めての劇場への取り組みに岡村は「すべての機材、映像、照明、音楽がピッタリそろって動くシステム。しかし、それを演者たちが操り切っているのは圧巻」とキャストたちの奮闘に太鼓判を押した。

脚本を手掛けた横内は「最初は台本にはセリフがあったんです。それがどんどん消えていったので、セリフがどうなったのかと、思いながら見ていたんですが、ダンスや殺陣にも言葉や意味があることを丁寧にやってくれていて、言葉が消えたんじゃなくて、形を変えてここにあるんだと感じた」と語った。そして、早乙女やElinaらのパフォーマンスに「豪華な設備・最新技術の劇場ではあるけど、やっぱり胸を打つのは人間の力。楽屋では舞台を終えた二人は立てなくなっているくらい」と明かし、「ここまでエネルギーを出し尽くして、“最新技術を従える”パフォーマンスはきっと感動してくれるでしょう」とこれからへ期待を寄せた。

そんな怒涛のアクションをやりきって見せた、早乙女は「素直な感想は、運動会をやっているみたい(笑)」とコメント。「ひたすら走って汗を流しながら、一生懸命に頑張って体力勝負。まだ、力んでいるところがあるので、作品に慣れて、ペース配分をつかみたい」と開幕へ向けて気を引き締めた。

Elinaは「(劇中では)“指切り”がポイントなんですが、指切りする時に二人とも汗でふやけてて(笑)」とステージのハードさをうかがわせながらも、「そこがある意味モチベーションにつながる」と意欲的。吉田美佳子は、動きだけの芝居への挑戦に「すごく役者として勉強になったし、早乙女さん、Elinaと一緒に芝居できて幸せです」と喜んだ。

早乙女は、キャストの一人でもあるが、殺陣を手掛けるクリエーターとしても参加した。早乙女によると「現代と戦国時代で殺陣の種類は変えている」という。「警官との対決シーンでは、僕も今までやったことのなかった、中国アクションのような蹴り技もあって、すごく勉強になったし、いろいろな殺陣も見てもらえたら」と充実した表情を見せると、Elinaは「今回は、ゼロから制作に携わっていて、ストーリー展開をどう見せるか、役割分担を考えてきました。何度も見ても楽しめるように、ダンサーそれぞれにポイントをつくっているので、毎回見るところを変えてもらっても楽しめると思います」とアピールした。

最後に、早乙女は「ノンバーバルで言葉がないぶん、年齢を問わず子供からお年寄りまで楽しんでもらえるので、みんなの熱いエネルギーを感じてください」と力強いメッセージを送った。

公演は8月31日まで。なお、当サイトでは本公演のチケットが登録不要・手数料0円で販売中だ。この機会にぜひチェックしていただきたい。 

この記事の写真

  • 『アラタ』開幕 1
  • 『アラタ』開幕 2
  • 『アラタ』開幕 3
  • 『アラタ』開幕 4
  • 『アラタ』開幕 5
  • 『アラタ』開幕 6
  • 『アラタ』開幕 7
  • 『アラタ』開幕 8
  • 『アラタ』開幕 9
  • 『アラタ』開幕 10
  • 『アラタ』開幕 11
  • 『アラタ』開幕 12
  • 『アラタ』開幕 13
  • 『アラタ』開幕 14 左から、岡村俊一、吉田美佳子、早乙女友貴、Elina、横内謙介

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9360