ジャギ様も参戦 『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』製作発表会 - 2017年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』会見 1 左から、Akemi.S.ミラー、ムッシュ吉崎、林野健志、花園直道、ジャギ、水希蒼、河合龍之介、寿里、磯貝龍虎

▲ 左から、Akemi.S.ミラー、ムッシュ吉崎、林野健志、花園直道、ジャギ、水希蒼、河合龍之介、寿里、磯貝龍虎

ギャラリーで見る(全11枚)


『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』会見 9 ジャギ

▲ ジャギも登場し会場を沸かせた。

画像を拡大

このほかの写真も見る

武論尊原作・原哲夫漫画の人気作「北斗の拳」が初の舞台化。舞台『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』の製作発表会が、シアターGロッソにて開催。キャストの磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、花園直道、林野健志、水希蒼(A応P)、そして、アニメ版OPテーマ〈愛をとりもどせ!!〉を歌い、公演のオープニングライブに出演する「クリスタルキング」のムッシュ吉崎が登壇し意気込みを語った。また、原作キャラクターのジャギも会見に登場。相撲で話題となったラオウたちの懸賞幕に続き、新たに作成されたジャギの懸賞幕を、ジャギ自らが掲げてお披露目し会場を沸かせた。

核戦争により文明社会が失われ暴力が支配する世紀末の舞台に、一子相伝の暗殺拳・北斗神拳伝承者のケンシロウが、ラオウたち数々の強敵たちとの戦いを描いた本作。1980年代の集英社「週刊少年ジャンプ」黄金期を支え、一世を風靡したヒット作だ。ただし、今回の舞台版は、タイトルにある通り、主役はケンシロウではなく、彼に倒される名もなき“ザコキャラ”たちがメイン。“死にざま”が深く印象に残るザコたちの“生きざま”を描く「ザコの、ザコによる、ザコのための、ザコだけの舞台」になるという。

原作の大ファンだという磯貝は、出演が決まって「すごくドキドキして、震えて震えて立てなくなりました」というほど。「ラオウに『やけに大柄な女だな』って言った後にビンタで首を吹き飛ばされるザコが大好き」とファンぶりをのぞかせた。寿里は「(最初の)正直な感想は、ちょっと何言ってんだろう……って(笑)」と率直な感想を述べたが「でもその設定自体面白くい。“選ばれしザコ”ですから、ザコ中のザコを演じます」と気合を入れた。

林野は「最近は2.5次元作品が多いけど、ついに来たなと。原作を見るとやっぱり彼らがクズだから、ケンシロウが気持ちいいほどに倒してくれる。SNSでも盛り上がりがすごくて、9月はここが世紀末の舞台になりどんなものができるか楽しみです」と期待を寄せた。

また、水希は母親が原作ファンで、姉の名前が「ゆりあ」ということもあり「小さいころからなじみがある。A応P内では男勝りな性格なので前面に出して舞台に挑みます。オープニングライブではA応Pとしても出演できてうれしいです」と喜んだ。

ザコという一風変わったキャラクターの役づくりには、磯貝は「デカいノコギリを使えるようにします(笑)。それから、いつでも死ねる準備を心がけたい」とやる気は十分。河合は「出演が決まってから、身内の役者からの反響が大きくて。すごくうらやましがられて、すでに入れ知恵をいっぱいもらってる。出たい役者の代表として出るんだからちゃんとやってくれと、みんな助けてくれる」と明かす。

寿里は「公園で子供を追いかけ回したり(笑)。ザコだし現代社会に染まってもいいのかな。長いものに巻かれて、偉い人にはゴマをすり、そういうところから(笑)。あとは頑張って筋肉をつけないと。ザコとは言えあの筋肉がある時点で相当な努力家ですから」と笑わせた。

花園は「僕は細い方なので、『いきなりステーキ』に週3くらいで通ってます。本番までに5kg増量できたら」とメンバーを驚かせた。

「どのキャラにどんな殺され方をしたい?」という質問には、趣里は「やっぱりアミバに間違えて殺されたい」と答えると、磯貝は「僕はケンシロウ。北斗残悔拳で残りの3秒を楽しみたい」とファンならではのコメント。花園の「僕はシンにケンシロウのような、北斗七星の傷をつけられたい」と答えには、「それだと主役になっちゃうから(笑)」というツッコミが飛び出した。

「原作の好きなザコエピソード」について問われると、趣里は「でっけえババアが好き」と即答。おなじみの死に際の断末魔には、「僕らが『あべし!』『ひでぶ!』って言うのは、光栄過ぎる。よりザコ感あふれるものでないと」と熱く語った。

会見にはビジュアルアドバイザーを務めるAkemi.S.ミラーも登壇。ブロードウェイやマイケル・ジャクソンの舞台などにも携わてきた彼女は「NY自体がいわば“ザコのるつぼ”。美とは魂の問題で、ザコは魂の戦い。私がNYで25年間やってきたことは魂の戦いを、この世界観を表現させてもらえたら」と熱弁してみせた。

最後にキャストたちは「“最高のザコ”と言われるように頑張ります」(磯貝)、「役者という生き物自体がザコだなと思うので(笑)、役者みんなでいい作品にします」(河合)、「作品は絶対楽しくなるのは間違いない。すてきなものになるように頑張ります」(寿里)、「本番が終わるまで『北斗の拳』一色で最高のザコになります」(花園)、「男性が多いかもしれないけど、女性やもしくはもしくは子供にも、老若男女まで楽しんでもらえる作品になったら」(林野)、「作品をきちんと伝えられるように演じます」(水希)とそれぞれに意気込みを語り会見を締めくくった。

この記事の写真

  • 『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』会見 1 左から、Akemi.S.ミラー、ムッシュ吉崎、林野健志、花園直道、ジャギ、水希蒼、河合龍之介、寿里、磯貝龍虎
  • 『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』会見 2 磯貝龍虎
  • 『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』会見 3 河合龍之介
  • 『北斗の拳』会見 4 寿里
  • 『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』会見 4 花園直道
  • 『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』会見 5 林野健志
  • 『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』会見 7 水希蒼
  • 『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』会見 8 ムッシュ吉崎
  • 『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』会見 9 ジャギ
  • 『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』会見 10
  • 『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』会見 11 左から、ムッシュ吉崎、林野健志、花園直道、寿里、河合龍之介、磯貝龍虎、水希蒼

インフォメーション

『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』

【スタッフ】原作=「北斗の拳」(原作=武論尊 漫画=原哲夫) 脚本=川尻恵太(SUGARBOY) 演出=村井雄(KPR/開幕ペナントレース)
【キャスト】磯貝龍虎/河合龍之介/寿里/花園直道/林野健志/水希蒼(A応P) ほか(五十音順)
声の出演=千葉繁
OPENING LIVE=《愛をとりもどせ》クリスタルキング with A応P

2017年9月6日(水)〜10日(日)
・会場=シアターGロッソ
・一般前売=7月5日(水)開始
・料金=全席指定 ザコシート6,999円/世紀末シート9,999円(前方エリア+特典「北斗の拳 ザコ手ぬぐい」付)/リングサイドシート19,999(ステージエリアの一部を客席として開放した特別シート。特典「北斗の拳ザコお面」「北斗の拳ザコTシャツ」「キャスト集合2Lブロマイド」付)

©武論尊・原哲夫/NSP 1983, ©北斗の拳−世紀末ザコ伝説−製作委員会2017 版権許諾証GP-907

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9368