水樹奈々「最高の時間になる!」、平原綾香「ビューティフルな気持ちになれる」 帝国劇場『ビューティフル』が間もなく開幕 - 2017年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ビューティフル』初日囲み 1 左から、武田真治、伊礼彼方、平原綾香、水樹奈々、中川晃教、ソニン、剣幸

▲ 左から、武田真治、伊礼彼方、平原綾香、水樹奈々、中川晃教、ソニン、剣幸

ギャラリーで見る(全17枚)


『ビューティフル』1 水樹奈々

▲ 水樹奈々

画像を拡大

『ビューティフル』2 平原綾香

▲ 平原綾香

画像を拡大

このほかの写真も見る

キャロル・キングの名曲の数々に乗せて、彼女の半生を描いたミュージカル『ビューティフル』が、水樹奈々&平原綾香のWキャスト主演で帝国劇場にて日本初演される。

2013年秋にブロードウェイで開幕し、翌年のトニー賞では主演女優賞に輝いた本作。2015年にはグラミー賞やイギリスのローレンス・オリヴィエ賞などにも選ばれたほか、現在も全米ツアーやロンドン公演など、各地でロングランを続けるヒット作だ。

26日(水)の開幕に先駆けて、囲み会見が実施。水樹&平原のほか、中川晃教、伊礼彼方、ソニン、武田真治、剣幸が登壇し意気込みを語った。

■水樹奈々 キャロル・キング役(Wキャスト)
ついにこの日がやって来るんだと、緊張と興奮やいろいろな思いでテンションが上りまくってる状態です(笑)。人生初ミュージカル・初舞台なので、初めてだからこそできる、思い切りの良さを出せるように全力投球で、自分を信じて頑張ります。
彼女の魅力は「あきらめない、折れない心」。ハートが強くないと彼女のような激動の人生を、自分自身を裏切らずに生きられない。彼女はどんな時でもまっすぐで、誰に対しても思いやりを持って生きているんです。いろいろな方に観てほしいけど、特に夢をもって頑張っている若い世代に観てほしい。なかなか結果が出なくて、諦めて逃げてしまう状況は起こりうるけど、彼女からはどんなことがあっても信念を貫いて、苦難を乗り越えていける勇気が湧いてくる。そんなメッセージを届けられたら。
初めてのミュージカル挑戦で、しかも主演で、帝国劇場に立たせていただけるのはこの上ない幸せ。最初は何が分からないのか、分からないという状態で飛び込みましたが、カンパニーの皆さんから、たくさんの手を差し伸べていただいて、なんとかこの舞台にしっかり主役として上がれるところまでやってまいりました。
この2カ月間の稽古期間を信じて、一丸となって最高の舞台を届けたいと思います。日本初演なので、どんな作品なんだろう? と思ってらっしゃるかもしれませんが、とにかく絶対楽しい! そして、たくさんの感動が詰まった作品なので、来ていただいたら、その時間は最高のものになると信じています。全力でお迎えします!!

■平原綾香 キャロル・キング役(Wキャスト)
ついに、帝国劇場生活が始まるというワクワクで興奮しています。劇場に入った時に、圧倒されて“何かがいる”と、ファントムみたいな、劇場の神様がいる感じがしました。まだお会いしてないけど(笑)。そんな、パワーを感じながらお稽古しています。慣れないことばかりですが、信頼のおける最高の仲間と一緒に頑張っています。この夏しっかりと、歌と芝居をお届けします。
キャロル・キングは、毎回、尊敬しながら役に取り組んでいます。ジェリー・ゴフィンに一途になって、でも音楽にも一途で、子供にも一途で、誰に対しても一途で生きている。演じるにはパワーが必要です。それと、すべてにおいて“愛”がある。どんなに傷つけられても、最後までその人を愛し続ける。そんな人だからこそ〈You've Got a Friend〉など、たくさんの名曲が生まれたんだと思います。私にとっては「すべての人に愛を」がテーマです。
このミュージカルは本当に最高。私もキャロル・キングという人生を生きて、カンパニーもそれぞれの人生を生きながら、役に没頭していて、それが本当にカッコいいんです。そんなみんなの人間性や歌声に惹かれて、帝国劇場生活を送っています。このミュージカルを観に来てくださった後は、ビューティフルな気持ちで帰っていただけます。帝国劇場のファントムも喜んでくれると思うので(笑)、しっかり頑張ります。

■中川晃教 バリー・マン役
キャロル・キングが生み出した名曲がたくさん聞ける一方で、シンシア・ワイルとバリー・マンの二人の名曲もあふれてます。“音楽、音楽、音楽”がミュージカルの醍醐味だけど、クリエーターたちの苦悩も描かれているので、両面をお客さまに早く感じてほしいです。
クリエーター同士がが拮抗しながら時代をつくっていくさまを演じる側として、「ヒット曲をどう生み出したのか?」「なぜ必要とされたのか?」というところまでも見せるので、演じがいがある作品です。普段、お客さまが見ることのない、裏の部分までもより分かりやすく届けられるのでは。そして、カップルでの夫婦の在り方や愛もまた感じられます。
また、劇中では、キャロルたちが影響を受けた音楽も流れるんです。その一つ〈リトル・ダーリン〉という曲は、日本では平尾昌晃さんがカバーされていて、50〜60年代の“世界が日本に近かった”時代、私たちの芸能の先輩方の時代があったんだという、大きな芸能の流れも力に変えて演じたいと思います。

■伊礼彼方 ジェリー・ゴフィン役
僕はお二人(水樹&平原)と一緒にいる時間が長いので、彼女たちの興奮・高揚に僕も鼓舞されてます。今まで出演した帝国劇場作品では、実働20分だったんですが(笑)、今回は約2時間以上にわたり舞台に立てるので意気込んでます(笑)。
作詞家の役で、劇作家から転向して、キャロルと出会って、自分の言葉を彼女のメロディーに乗せていくことで、世界中の人に楽曲を送り出すことになります。ミュージシャンやアーティスト、何かを創作する人が、壁にぶち当たった時に、自分と対峙して苦悩するという姿を見せる役柄です。キャロルを苦しめる役どころですが、自分を苦しめる結果、キャロルを苦しめてしまうのかなと。自分しか目に見えてない人物なんだろうと解釈してます。

■ソニン シンシア・ワイル役
帝国劇場では、私は歌い上げるミュージカルが多くて、今回のようなストレート・プレイに近い音楽劇は久しぶり。ブロードウェイスタッフと、帝国劇場スタッフが力を合わせて、お客さまにどう見てもらえるか、試行錯誤しながらつくり上げています。私も、新しい帝国劇場のパフォーマンスを見られるのではと、どんな反応が返ってくるんだろうと楽しみにしています。たぶん1カ月間で、日本のお客さまにどんどん愛されるように、良い意味で変化していくんじゃないかなと思います。
物語は“女性”がテーマでもあります。あの時代に、女性が曲を書くのは新しいことで、女性がリードしていくのは、今では当たり前だけど、キャロルはその先駆者であり、シンシア・ワイルも前衛的な考え方の人物だったんです。
そして、二つのカップルの対比もすごくスパイスになっています。ファッションや流れている空気の違い、離れてしまう二人と今も続くカップルだったり、という対比も楽しめるところだと思います。

■武田真治 ドニー・カーシュナー役
帝国劇場は、ミュージカル・演劇を志す者にとっては最終目的地と言っていいくらいの“聖地”。この夏、1カ月間、この舞台に立てる喜びと興奮にあふれています……(伊礼「そのはトーンなに?(笑)」)。すいません(笑)、こんなマジな、厳かな気持ちで最終稽古に臨んでいます。トニー賞も獲ったこの作品を、海外スタッフもお招きして、日々ブラッシュアップしてきました。ラブストーリーを、アメリカの音楽史、いや、世界のポップス史を彩った楽曲とともに楽しんでいただけると思います。

■剣幸 ジーニー・クライン役
今までいろいろなミュージカルをやってきましたが、これまでは、ミュージカルのために書かれた楽曲で構成されてきた作品でした。今回は、キャロル・キングがその人生の中でつくった曲をまとめたら、彼女の人生になったという、今までのミュージカルと違ったものです。一つの素晴らしい作品として、まとまっていることがすごいことだと思っています。時代を懐かしいと思う方もいると思いますが、知らなかった方々には、彼女がこういう人生を歩んだんだと、分かっていただける楽しいミュージカルだと思います。ここにいる皆さんが、すごくすてきに歌っていて、今の若さと、もとのキャロル・キングをかけ合わせた魅力があります、さらにアンサンブルの方たちが本当に素晴らしく、どこをとっても楽しめる作品です。

この記事の写真

  • 『ビューティフル』初日囲み 1 左から、武田真治、伊礼彼方、平原綾香、水樹奈々、中川晃教、ソニン、剣幸
  • 『ビューティフル』初日囲み 2 平原綾香(左)と水樹奈々
  • 『ビューティフル』初日囲み 3 水樹奈々
  • 『ビューティフル』初日囲み 4 平原綾香
  • 『ビューティフル』初日囲み 5 中川晃教
  • 『ビューティフル』初日囲み 6 伊礼彼方
  • 『ビューティフル』初日囲み 7 ソニン
  • 『ビューティフル』初日囲み 8 武田真治
  • 『ビューティフル』初日囲み 9 剣幸
  • 『ビューティフル』1 水樹奈々
  • 『ビューティフル』2 平原綾香
  • 『ビューティフル』3 武田真治(左)と水樹奈々
  • 『ビューティフル』4 伊礼彼方(左)と水樹奈々
  • 『ビューティフル』5 伊礼彼方(奥)と平原綾香
  • 『ビューティフル』6 中川晃教(左)とソニン
  • 『ビューティフル』7 平原綾香(左)と剣幸
  • 『ビューティフル』8 中川晃教

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9397