初演キャスト・吉田栄作、朝海ひかる、小倉久寛が7年ぶりに再結集 『ローマの休日』が大阪から開幕 - 2017年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ローマの休日』2017開幕 1

▲ 左から、小倉久寛、朝海ひかる、吉田栄作

ギャラリーで見る(全6枚)


吉田栄作、朝海ひかる、小倉久寛出演の舞台『ローマの休日』が、26日に大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて開幕した。

オードリー・ヘプバーンを一躍スターダムへと押し上げた名作映画を舞台化したストレート・プレイ版は、2010年に初演。アン王女演じる朝海、新聞記者ジョー演じる吉田、カメラマンのアーヴィング演じる小倉と、キャストが3名のみという新たなアイデアや、当時の時代背景をもとに、ジョーの描写には冷戦時代にアメリカで起こった「赤狩り」の被害を受けたダルトン・トランボ(「ローマの休日」脚本家)を投影するなど、映画版とは違う視点を織り込んでいる。

脚本・演出のマキノノゾミが「第36回菊田一夫演劇賞」を受賞したほか、12年に再演も行われるなど好評を本作が、初演キャスト3名の7年ぶりの再集結で再々演。深みの増した演技で、ジョーとアン王女の淡くせつない恋愛模様、ジョーとアーヴィングの熱い友情、そして3人の人間ドラマを送る。

初日を迎えたキャストのコメントは以下の通り。

■吉田栄作
7年ごしの作品で、再再演の公演に出演できてとてもうれしいですし、舞台の上で生きれることに感謝の気持ちが尽きません。ぜひ舞台上で生きている私たちを観に来てください。

■朝海ひかる
お稽古場の空間から、一気に舞台という空間が広がり、そしてお客様にご覧いただき、一気に初演の興奮が蘇りました。『ローマの休日』は不朽の名作であると、今あらためて実感しています。

■小倉久寛
本日はありがとうございました。舞台の初日というのはいつも緊張してしまうんです。ほかのキャストも表には見せませんが、すごく緊張していると思います、まあ3名ですけれども(笑)。ですが大阪のお客様につつまれて初日を乗り切ることができました!

本日27(木)まで。東京公演は、7月30日(日)から8月6日(日)まで世田谷パブリックシアターにて行われる。

同じ記事の写真

  • 『ローマの休日』2017開幕 1
  • 『ローマの休日』2017開幕 2
  • 『ローマの休日』2017開幕 3
  • 『ローマの休日』2017開幕 4
  • 『ローマの休日』2017開幕 5
  • 『ローマの休日』2017開幕 6

インフォメーション

『ローマの休日』

【スタッフ】オリジナル脚本=イアン・マクレラン・ハンター/ジョン・ダイトン 原作=ダルトン・トランボ 演出=マキノノゾミ 脚本=鈴木哲也/マキノノゾミ
【キャスト】吉田栄作/朝海ひかる/小倉久寛
・声の出演=川下大洋

■大阪公演
2017年7月26日(水)・27日(木)
・会場=梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ


関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9404