前川知大×長塚圭史が初タッグ 藤原竜也&仲村トオル出演『プレイヤー』が開幕 - 2017年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『プレイヤー』開幕 1 左から、藤原竜也、シルビア・グラブ、長井短、成海璃子、真飛聖、仲村トオル、木場勝己

▲ 左から、藤原竜也、シルビア・グラブ、長井短、成海璃子、真飛聖、仲村トオル、木場勝己

ギャラリーで見る(全5枚)


前川知大作×長塚圭史演出の初タッグで送る舞台『プレイヤー』が、4日にBunkamuraシアターコクーンにて開幕した。

本作のもととなったのは、前川主宰の劇団「イキウメ」で、2006年に上演された戯曲『PLAYER』。死者の言葉が生きている人間の身体を通し、死後の世界から語りかけ、再生されるというサイコホラー作品だ。今回、前川はその『PLAYER』を劇中に組み込み、戯曲を稽古する俳優やスタッフの姿を描く、新作『プレイヤー』を書き上げた。

舞台は「死者が生者の再生装置となっていく戯曲『PLAYER』」と、「俳優たちが劇作家の言葉を再生する“Play”」、そして「俳優たちが俳優役を演じる“Player”」という、“演じること”が幾重にも重なる入れ子構造で展開。劇中劇と稽古場を行き来する中で、戯曲『PLAYER』の持つ不穏な世界が、演じる俳優たちを侵食し、生と死、現実と虚構の境界線が次第に曖昧になっていくさまが舞台に立ち上がる。

この独自の劇世界に、藤原竜也、仲村トオル、成海璃子、木場勝己、真飛聖ら、実力派たちが挑んでいる。

初日を前にした前川と長塚、キャストたちのコメントは以下の通り。

■前川知大(作)
長塚さんとの共同作業はとても刺激的で充実した時間でした。俳優も魅力的な人が集まり、作家として稽古場に同席するのは、得がたい経験でした。この作品の大きな要素に、瞑想をはじめとするスピリチュアルな事柄があります。そういったものに抵抗感がある人もいるでしょう。実際登場人物も抵抗し、飲み込まれ、変わっていきます。人は変化を恐れながらも変化を求め、私たちはこのバランスの中で生きています。本来、変化とは楽しいもので、心に残る映画や演劇、芸術は、その人の何かを変えてしまう。劇中の(仲村トオルさん演じる)時枝のように、世界を変えようというのは極端ですが、お客様には、フィクションが描き出す“現実を揺さぶる力”のようなものを想像し、感じて、楽しんでいただければ幸いです。

■長塚圭史(演出)
前川知大氏は今をときめく人気劇作家、同業者でしかも同世代。つまり本来であれば互いの作品の気に入らないところを引っ張り出して論戦、と行儀良くゆけばまだいいのですが、取っ組み合ったまま土手から転げ落ちて当然の間柄。しかし前川さんと私は、深夜の居酒屋で掴み合わず、朝の喫茶店で穏やかに話し合い、前川氏が10年前に書いたという『PLAYER』なる奇作を机上に持ち込んで以来、長い長いお喋りを続けてきました。そしてこの長いお喋りは、とうとう前川知大の血肉となって戯曲に表出したのです。私の役割は作品と劇場を繋ぐこと。そういう心づもりのお喋りであったように思いましたが、打てば響く前川氏の柔軟性には何度も感心させられましたし、私にとってはこの目の前の台本から広がるものがすべて、これを全うすることが私の役割であると思い、この日を迎えました。

■藤原竜也 桜井道彦役
今回は、稽古場で非常に贅沢な経験をさせていただきました。たとえば蜷川さんの稽古が“短期間で人生を駆け抜ける作業”だとしたら、今作の稽古は多くの時間を費やして、皆でじっくりとキャラクターの裏付けを考え、探っていく作業でした。圭史さんの稽古は新鮮であり、演劇の基本姿勢だとも感じます。また、難解な前川戯曲がそうさせているのかもしれません。そのホンで、皆で勝負しようと、圭史さんは僕らの前で迷いをいっさい見せることなく、最善の方向に向かって稽古を進めていってくれたように思います。僕自身は、圭史さんに自由に泳がされるようにして、楽しく稽古を重ねて来れました。面白いメンバーが集まっているので、それぞれのキャラクターに注目していただきたいと思います。

■仲村トオル 時枝悟役
前川君の戯曲については、非日常、非現実風の“前川流SFラッピング”が施されてはいるけれど、その中身は意外とシンプルでトラディショナルなものなんじゃないかと感じています。「誰かに体を奪われて、自分ではない言葉を吐く」というのは、僕ら俳優が仕事でやっていることでもあるし、たとえば竜也君から蜷川さんの稽古場の話を聞くことで、自分はまったく経験のない蜷川さんの稽古場をチラッと覗き見した気分になるのも、同じようなことだなと。それは役者と演出家の関係だけでなく、一般社会の人間関係のいたるところで起こりうる感覚ではないでしょうか。圭史君の、緻密に計算しながらそれを見せない、“足跡を残さない演出”は面白いです。複雑な構造の作品ですが、観客の皆さんに、「何かはっきりとはわからないけど、とてもすごいものを見た」と思ってもらえたら嬉しいですね。

■成海璃子 神崎恵役
実は今回の座組、藤原さん以外の皆さんとは全員「初めまして」なんです。異なるジャンルの方がそろっているので、稽古を見ているだけで面白い。特にトオルさんの不気味な演技はまったく想像できなかったので、瞑想の指導者・時枝が出て来ると「ステキだな〜」と思わず眺めてしまいます(笑)。せっかくこういったお芝居に参加するので、楽日までに一度は、すうっと瞑想に入っていく体験をしてみたいです!

■木場勝己 大河原和夫役
瞑想シーンなどの稽古をしている中で、ふと僕自身も中学生の時に、ちょっとスピリチュアル系の体験をしていたことを思い出したんです。それまでまったく忘れていたのに……。だからこのお話に呼ばれたのかな? ちょっと怖いけど(笑)。また稽古中、あるせりふを言った瞬間にヒヤ〜っとしたことがあったんですよ。今、喋ったのは役の大河原和夫という俳優でもないし、僕自身でもない。別の誰かに言わされているような気がして……。「憑依」「虫の知らせ」、夏に似合いそうな言葉が飛び交います。物語はスピリチュアルな世界ですが、その中でどれだけ「ドラマ」を生み出せるか。お客さんも一緒にヒヤ〜を体感してみませんか。

■真飛聖 東智子役
この芝居では、俳優が役に身体を浸食されるような、ちょっと恐いことが描かれています。でも実は、その感覚はどこか、分かるんです。本当にたまにですけれど「降りてくる」感じで、自分では考えもしなかった動きが自然にできることがありますから。そういった体験があると、役に認めてもらったような気がして、やはりうれしいです。『プレイヤー』は一見、構造をヒモ解いていくのが難しい戯曲です。お客様にスッと理解していただくためにも、私たちの中できちんとクリアに理解して、リアルなものとしてお届けしないといけません。難しいからこそ、ハードルが高いことに取り組める幸せを、日々、感じています。

東京公演は27日(日)まで。その後、大阪・森ノ宮ピロティホール(8月31日〜9月5日)、静岡市民文化会館 中ホール(9月9日・10日)にてツアー公演が開催される。

なお、現在発売中の本誌「シアターガイド」9月号では巻頭特集として本作を紹介。公演と併せてこちらもチェックしていただきたい。

この記事の写真

  • 『プレイヤー』開幕 1 左から、藤原竜也、シルビア・グラブ、長井短、成海璃子、真飛聖、仲村トオル、木場勝己
  • 『プレイヤー』開幕 2 藤原竜也(手前)と大鶴佐助(奥)
  • 『プレイヤー』開幕 3 左から、木場勝己、大鶴佐助、藤原竜也、仲村トオル、成海璃子、長井短
  • 『プレイヤー』開幕 4 仲村トオル(左)と藤原竜也
  • 『プレイヤー』開幕 5 左から、木場勝己、本折最強さとし、安井順平、成海璃子、仲村トオル、真飛聖、大鶴佐助、シルビア・グラブ、村川絵梨、長井短、藤原竜也、高橋努

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9424