中屋敷法仁演出、鳥越裕貴主演 文豪たちの異能力バトルを描いた「文豪ストレイドッグス」が舞台化 - 2017年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『文豪ストレイドッグス』ビジュアル

▲ 左から、輝馬、鳥越裕貴、多和田秀弥


名だたる文豪たちを現代風にキャラクター化した異色アクション漫画「文豪ストレイドッグス」が舞台化。12月より神奈川、大阪、東京の3都市にて上演される。

本作は、架空の都市「ヨコハマ」を舞台に、さまざまな超能力を持ったキャラクターたちが繰り広げる異能アクションバトル作品。登場人物たちは、虎に返信する能力「月下獣」を持つ中島敦や、相手の能力を無効化できる「人間失格」を駆使する太宰治など、それぞれの文芸作品をモチーフにした能力を持った文豪たちというユニークな設定だ。原作漫画は累計500万部を突破し、アニメ化やノベライズ化のほか、2018年春にはアニメ映画も公開されるなど好評を博している。

このたび、ミュージカル『刀剣乱舞』、『東京喰種』などの脚本をを手掛けた御笠ノ忠次による作、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』(脚本)や舞台『黒子のバスケ』(脚本・演出)などにも携わってきた中屋敷法仁(柿喰う客)による演出と、人気2.5次元作品にも携わってきた二人が、文豪たちのアクションバトルを新たに立ち上げる。

中島敦として主演を務めるのは鳥越裕貴。そのほか共演には、太宰治役の多和田秀弥、国木田独歩役の輝馬、芥川龍之介役の橋本祥平らが顔をそろえる。

インフォメーション

舞台『文豪ストレイドッグス』

【スタッフ】原作=テレビアニメ「文豪ストレイドッグス」 作=御笠ノ忠次 演出=中屋敷法仁
【キャスト】鳥越裕貴(中島敦)/多和田秀弥(太宰治)/輝馬(国木田独歩)/長江崚行(江戸川乱歩)/桑野晃輔(谷崎潤一郎)/堀之内仁(宮沢賢治)/今村美歩(与謝野晶子)/橋本祥平(芥川龍之介)/正木航平(梶井基次郎)/桑江咲菜(泉鏡花)/平田裕香(樋口一葉)/植田圭輔(中原中也)

■神奈川公演
2017年12月22日(金)〜24日(日)
・会場=KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
・料金=全席指定S席8,300円/A席7,300円

■大阪公演
2018年1月12日(金)・13日(土)
・会場=森ノ宮ピロティホール
・料金=全席指定8,300円

■東京公演
2018年1月31日(水)〜2月4日(日)
・会場=AiiA 2.5 Theater Tokyo
・料金=全席指定8,300円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9426